スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 2006年にタイムスリップしてクリエイターを目指す「ぼくたちのリメイク」アニメ化企画進行中

ニュース 2019年12月24日(火)22:00

2006年にタイムスリップしてクリエイターを目指す「ぼくたちのリメイク」アニメ化企画進行中

イメージを拡大

現代から2006年へタイムスリップした主人公が、クリエイターを目指して奮闘する小説「ぼくたちのリメイク」シリーズのアニメ化企画が進行していることが明らかになった。詳細は後日公式サイトほかで発表される。

「CIRCLET PRINCESS」の木緒なち(著者)と、「にょろーん☆ちゅるやさん」のえれっと(イラスト)がタッグを組んだ同作は、「このライトノベルがすごい!2018」新作部門で第4位、総合部門で第6位に輝いた人気作。2016年、売れないゲームメーカーに勤める28歳のゲームディレクター橋場恭也は、会社が潰れ実家に帰ったある日、突然10年前の06年にタイムスリップしてしまう。恭也は、かつて進学をあきらめた大中芸術大学に入学し、人生(ルート)の作り直し(リメイク)を試みる。シェアハウスに入居した恭也は、そこで現代で大活躍することになる、若き日の有名クリエイターたちと出会い、ともに作品づくりに励んでいく。原作最新第7巻「ものをつくるということ」は12月25日発売、講談社のマンガアプリ「マガポケ」ではコミカライズも連載中。

19年から、物語の舞台となる06年までのできごとを順に振り返っていくアニメ化企画の発表映像も公開されており、ラストにはsune氏、閃凡人氏、兎鞠まり氏、リムコロ氏、なつめえり氏といったクリエイター陣が描き下ろしたカウントダウンイラストもまとめて収録されている。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。