スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「サイダーのように言葉が湧き上がる」ネバヤン、大貫妙子の楽曲を収めた予告編公開

ニュース 2020年3月15日(日)19:00

「サイダーのように言葉が湧き上がる」ネバヤン、大貫妙子の楽曲を収めた予告編公開

潘めぐみ、花江夏樹、梅原裕一郎らも出演

潘めぐみ、花江夏樹、梅原裕一郎らも出演

(C) 2020 フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会

イメージを拡大

劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」(略称「サイコト」)の予告編が公開され、4人組バンド「never young beach」による主題歌、シンガーソングライターの大貫妙子による劇中歌が初披露された。

同作は、アニメーション映像・音楽レーベルの「フライングドッグ」設立10周年を記念したオリジナル作品。いつもヘッドホンをして人とふれあうことを避けている俳句少年のチェリー(CV:市川染五郎)と、コンプレックスの歯をマスクで隠した少女スマイル(CV:杉咲花)がSNSを通じて交流し、思い出のレコードを探すフジヤマ老人の手助けをしながら距離を縮めていくひと夏を描く。

楽曲を手がけた両アーティストからコメントも寄せられた。作品名と同タイトルの主題歌を歌う「never young beach」ボーカル・ギターの安部勇磨は、「作品からとても素敵な清涼感を感じたので、曲のほうも抜けのいい爽やかなものにしたいなと思いました」と振り返り、劇中歌「YAMAZAKURA」を歌う大貫は、イシグロキョウヘイ監督に話した自身の気持ちを「70年代風でオーソドックスな曲」にこめて歌ったと語っている。

「サイダーのように言葉が湧き上がる」は、5月15日から全国公開。

作品情報

サイダーのように言葉が湧き上がる

サイダーのように言葉が湧き上がる Check-in3

7 回⽬の夏、地⽅都市̶̶。コミュニケーションが苦⼿で、⼈から話しかけられないよう、いつもヘッドホンを着⽤している少年・チェリー。彼は⼝に出せない気持ちを趣味の俳句に乗せていた。矯正中の⼤きな前...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 潘めぐみ、花江夏樹、梅原裕一郎らも出演

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。