スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 梶裕貴主演ドラマ「ぴぷる」作中アバターデザインを「あの花」「君の名は。」の田中将賀が担当

ニュース 2020年4月7日(火)18:00

梶裕貴主演ドラマ「ぴぷる」作中アバターデザインを「あの花」「君の名は。」の田中将賀が担当

(C)2020ドラマ「ぴぷる」製作委員会

イメージを拡大

「進撃の巨人」「七つの大罪」などで知られる人気声優の梶裕貴が実写連続ドラマ初主演するWOWOWオリジナルドラマ「ぴぷる~ AIと結婚生活はじめました~」の作中WEBラジオのアバター(イラスト)デザインを、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「君の名は。」の田中将賀が担当したことが明らかになった。

同作は「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」(ダイヤモンド社刊)で第5回京都本大賞を受賞した原田まりる氏による小説(KADOKAWA刊)を全8話でドラマ化。人間とAIが結婚できるようになった近未来の京都を舞台に、主人公のサラリーマン・摘木健一と、その妻になった人型AIの“ぴぷる”、ミステリアスなAI研究者の深山楓らが繰り広げるヒューマンコメディ作品で、梶は2018年の原作小説の連載開始と連動して配信されたオーディオドラマ「耳で楽しむ小説『ぴぷる』」から引き続き摘木役を務める。

田中がデザインしたアバターは、摘木が医療機器の営業のかたわら、日々のささやかな楽しみとしているWEBラジオの配信中にタブレットの画面に表示される。原作小説のカバーイラストなどを担当した縁から、今回のオファーを受けた田中は「原作の原田先生より、新しく書く小説のキャラクターを描いてほしいと依頼された時、実写化なんて想像していませんでした。そして実写化にあたって僕がかかわれることがあるなんて、もっと想像していませんでした。アバターデザインという役割をくださった原田先生、実写スタッフのみなさまに感謝いたします」と喜びを語った。

また、本編第1話から摘木(梶)やぴぷる(アヤカ・ウィルソン)、深山(大原櫻子)が登場する劇中写真5点が初公開された。各キャラクターの単独ショットのほか、摘木がぴぷるにキスをしようとするシーンや、鴨川を摘木が自転車で走る場面も含まれている。

「ぴぷる~ AIと結婚生活はじめました~」は5月18日から、WOWOWプライムで放送開始。第1話のみ無料放送となる。

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

タグ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。