スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「攻殻機動隊 SAC_2045」公安9課が立ち向かう敵“ポスト・ヒューマン”の姿を公開

ニュース 2020年4月17日(金)17:00

「攻殻機動隊 SAC_2045」公安9課が立ち向かう敵“ポスト・ヒューマン”の姿を公開

“ポスト・ヒューマン”の共通点や目的は不明

“ポスト・ヒューマン”の共通点や目的は不明

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

イメージを拡大

4月23日からNetflixで全世界独占配信される「攻殻機動隊 SAC_2045」から、公安9課が立ち向かう未知なる敵“ポスト・ヒューマン”の場面写真が公開された。

同作の舞台は、全世界同時デフォルトの発生と、AIの爆発的な進化により、世界が計画的かつ継続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”に突入した2045年。再結成した草薙素子率いる公安9課は、驚異的な知能と身体能力をもった「新たな支配種」と評されるポスト・ヒューマンと遭遇する。

このほど公開された4人のポスト・ヒューマンは、年齢や姿がそれぞれ異なっているように見え、脳が半壊した状態でベッドに横たわる男もいる。原因不明の高熱のあとに超人的な力をもって生まれ変わった人間と推測され、社会を転覆させる不可解な事件に深く関わっているようだ。彼らの出現によってもたらされる世界の混乱を阻止すべく、公安9課メンバーは奮闘する。

士郎正宗氏の人気SFコミックが原作の「攻殻機動隊」シリーズは、科学技術が高度に発達した近未来を舞台に、コンピューター犯罪やサイバーテロなどに対抗するために結成された非公認の超法規特殊部隊・公安9課の活躍を描いた。Netflixオリジナルアニメシリーズとなる本作は、「攻殻機動隊SAC」シリーズの神山健治と「アップルシード」の荒牧伸志が共同で監督を務め、アニメーション制作は「攻殻機動隊」全作に携わってきたProduction I.GがSOLA DIGITAL ARTSと共同で行う。

作品情報

攻殻機動隊 SAC_2045

攻殻機動隊 SAC_2045 Check-in19

2045年。全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入した。だが人々が、AIによる...

2020春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • “ポスト・ヒューマン”の共通点や目的は不明

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。