スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 大貫妙子&坂本龍一の名曲「a life」が「日本沈没2020」主題歌に OP映像先行公開

音楽 2020年6月25日(木)08:00

大貫妙子&坂本龍一の名曲「a life」が「日本沈没2020」主題歌に OP映像先行公開

コメントを寄せた大貫妙子と坂本龍一

コメントを寄せた大貫妙子と坂本龍一

(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

イメージを拡大

Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」の主題歌に、大貫妙子と坂本龍一による名曲「a life(エー・ライフ)」が起用されることが決定し、先行してオープニング映像が公開された。

同作は、SF作家の小松左京氏が1973年に発表したベストセラー小説「日本沈没」を湯浅政明監督がアニメ化する全10話のシリーズ。物語の舞台を2020年に変更し、女子中学生の武藤歩、弟の剛、母のマリ、父の航一郎の一家4人が、大地震におそわれた東京から決死の脱出を試みる。

(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

イメージを拡大

「a life」(作詞:大貫妙子、作曲:坂本龍一)は、2010年に大貫と坂本が共同制作したアルバム「UTAU」で発表された1曲。2人からコメントも寄せられ、大貫は「誰かのせいにしたりせず現実と向き合い、姿勢を正し自分の軸をきちんとつくることがこれからの時代を生きていく自分の助けになると思います」と今の思いを述べ、坂本は「あたりまえの日常がどんなに大切か、ぼくたちは知っている」と、同作を鑑賞した心情を明かしている。

本編の配信に先駆けて「a life」が流れるオープニング映像(歌詞入りの特別バージョン)も披露された。同曲を「地に足がついた素敵な曲」と語る湯浅監督は、「殺伐とした天変地異後の暗い本編とは対照的な、明るい爽やかな朝のルーチンを毎回見ることで、失ったものの尊さを感じてもらえると良いと思いました」とオープニングの制作意図を明かし、「朝の光、柔らかい布団や温かい飲み物、自然の風景や小動物のクローズアップを、記憶の中にあるように柔らかいタッチで断片的にオーバーラップしながら、透明感ある白い光の中に描きます」と語っている。

「日本沈没2020」は7月9日からNetflixで全世界独占配信される。

作品情報

日本沈没2020

日本沈没2020 Check-in12

2020年、平和な日常が続く日本を襲った突然の大地震。都内に住むごく普通の家族、武藤家の歩(あゆむ)と剛(ごう)の姉弟は、大混乱の中、家族4人で東京からの脱出を始めるが、刻々と沈みゆく日本列島は...

2020夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • コメントを寄せた大貫妙子と坂本龍一

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。