スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 松岡禎丞&茅野愛衣「SAO アリシゼーション WoU」最終章に込み上げる思いと寄せ合う信頼 > (2)

インタビュー 2020年7月6日(月)19:00

松岡禎丞&茅野愛衣「SAO アリシゼーション WoU」最終章に込み上げる思いと寄せ合う信頼 (2)

茅野が見つめるアリスの“不安定さ”
松岡はキリトと脳内会議?

――《アリシゼーション》編では、キリトの心が折れ、心を失ったりと、これまでにない一面が描かれました。そういったなかで、松岡さんとしてはキリトに対して新たな発見や驚きはありましたか?

松岡 それが不思議なことに、キリトが14歳の頃からずっと一緒にやってきたので、「こいつこんなだったの!?」というのがないんです。8年間くらいずっと一緒にやってきたので、全てが延長線上なんですよね。無理がないというか。頭のなかでキリトとディスカッションしても「ここはいくよな?」「いかなきゃだめでしょ!」みたいな。

茅野 キリトとの脳内会議?

松岡 そう脳内会議(笑)。「ここなんか変なところある?」「いや俺もこうだと思うよ」みたいな感じなんです。

――一方のアリスは、回を追うごとに存在感が増していきましたが、演じる茅野さんにプレッシャーはあったのでしょうか。

(C) 2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

イメージを拡大

茅野 不安でした。アリス自身も、自分が何者かわからない、自分は“本物”なのかがよくわからないという、すごく不安定な状況に置かれています。そういう役柄を演じているからなのか、私もすごく不安な気持ちになって。でも、その「つかみきれない」というのが大切だと思っています。「役をつかむ」という話がよくでますが、アリスの場合はつかんじゃいけないという感じがしていて。アリス本人が自分のことをわかっていないので、その不安定さがアリスらしさなのかなと感じるようになりました。

――松岡さんの「心を空っぽの人を演じるのが初めてだった」という話と、今の茅野さんの「役をつかんじゃいけない」という話、どことなく共通するものを感じます。

茅野 松岡くんとはいろんな作品でご一緒していますが、こういう立ち位置、こういう状況に置かれた役で共演することってあまりないよね?

松岡 確かに。

作品情報

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 2ndクール

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 2ndクール Check-in89

《最終負荷実験》という名の、アンダーワールド全土を巻き込んだ《人界》軍と闇の軍勢の戦争。戦局は、《光の巫女》アリスの奪取を目論む《ダークテリトリー》軍ガブリエル一派と、アンダーワールドを守ろうと...

2020夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 「SAO アリシゼーション WoU」松岡禎丞&茅野愛衣インタビュー!

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。