スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 大倉忠義&成田凌が「一番胸に響いた」と語るセリフも 「窮鼠はチーズの夢を見る」新ポスター6種

ニュース 2020年8月9日(日)22:00

大倉忠義&成田凌が「一番胸に響いた」と語るセリフも 「窮鼠はチーズの夢を見る」新ポスター6種

寄り添う大倉忠義&成田凌を、原作の印象的なセリフとともにとらえたポスター

寄り添う大倉忠義&成田凌を、原作の印象的なセリフとともにとらえたポスター

(C)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

イメージを拡大

大倉忠義(「関ジャニ∞」)と成田凌が初共演を果たした恋愛映画「窮鼠はチーズの夢を見る」の新ポスタービジュアル6種が一挙にお披露目された。主人公・大伴恭一(大倉)と、恭一に思いを寄せる大学の後輩・今ヶ瀬渉(成田)の姿とともに、原作にも登場する印象的なセリフが切り取られたエモーショナルなデザインとなった。

行定勲監督(「ナラタージュ」「劇場」)がメガホンをとり、人を好きになることの喜びや痛みを純粋に描き共感を呼んだ水城せとな氏のコミック「窮鼠はチーズの夢を見る」「爼上の鯉は二度跳ねる」を実写映画化。学生時代から“自分を好きになってくれる女性”と受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた恭一は、大学の後輩・今ヶ瀬と7年ぶりに再会する。恭一は今ヶ瀬から「昔からずっと好きだった」と思いを告げられ戸惑うが、ペースに乗せられ、いつしかふたりは一緒に暮らすことに。ひたすらまっすぐな今ヶ瀬に、恭一も少しずつ心を開いていくが、昔の恋人・夏生が現れ、ふたりの関係は変わり始めていく。

ポスターには、大倉と成田が「一番胸に響いた」と語る「恋愛でじたばたもがくより、大切なことが人生にはいくらでもあるだろう。」という、恭一が今ヶ瀬を諭すセリフを活写。さらに、今ヶ瀬の度重なるアプローチに翻ろうされる恭一の揺れ動く心情を伝える「こういう幸せも、あるんだろうか。」「俺は、お前を選ぶわけにはいかないよ」など、切なく狂おしい恋を予感させるセリフが満載。6種類の新ポスターは、既報のポスターと水城氏によるイラスト版ポスターとあわせ、東京の六本木蔦屋書店(8月24日~9月18日予定)と代官山蔦屋書店(9月4日~20日予定)で掲出される(店舗によって、掲出枚数などは異なる)。

「窮鼠はチーズの夢を見る」には、吉田志織、さとうほなみ、咲妃みゆ、小原徳子も出演。9月11日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開される。R15+指定。

映画のことなら映画.com

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。