スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 小澤征悦&梶裕貴が“英国紳士”に 「キングスマン」最新作の吹き替え声優発表

ニュース 2020年8月17日(月)12:00

小澤征悦&梶裕貴が“英国紳士”に 「キングスマン」最新作の吹き替え声優発表

豪華声優陣が集結

豪華声優陣が集結

(C)2020 20th Century Studios. All Rights Reserved.

イメージを拡大

表の顔は高貴なる英国紳士、裏の顔は世界最強のスパイ組織の活躍を描く人気シリーズ最新作「キングスマン ファースト・エージェント」の日本語吹き替え版声優が発表された。キングスマン創設に関わる高貴なる英国紳士オックスフォード公(レイフ・ファインズ)役を小澤征悦、オックスフォード公の息子で、正義に燃える若き紳士コンラッド(ハリス・ディキンソン)を梶裕貴が担当する。

本作の主人公オックスフォード公は、戦争で平和は実現しないと考えるイギリスの名門貴族。愛する息子コンラッドが戦地へ赴こうとすることを強く諫めるが、自身は自らの諜報網や戦闘力を駆使して人知れず闇の狂団と戦う。スパイ組織キングスマンの礎を築き、やがて、危険から遠ざけたかった息子もその世界へ誘うことになるという、複雑なキャラクターだ。

ハリウッド映画の吹き替えに初挑戦する小澤は「喜びと同時に大きなプレッシャーを感じながらも、気合いを入れて臨ませていただきました」と喜びを明かし、「レイフ・ファインズさんのお芝居の呼吸を見ながら、演じさせていただきました」と話している。

声優、俳優としても活躍する梶は、これまでも内なる闘志を秘めた正義感の強いキャラクターを多く演じてきており、今回の起用につながった。役柄に対して「コンラッドは、真っ直ぐな信念を持った熱い青年です。どこか危うさすら感じさせるその正義感から、父・オックスフォードとは対立してばかり。葛藤する若者の心を丁寧に演じさせていただきました」と語っている。

(C)2020 20th Century Studios. All Rights Reserved.

イメージを拡大

そのほかの主要キャラクターの配役も発表され、オックスフォード公とは主従の関係にありながらも友情関係にあり、マナーもバトルも一流の執事ショーラを乃村健次、オックスフォード家に仕えるコンラッドの子守役でありながら、家の主人的な発言力と存在感を放つハウスキーパー、ポリー・ワトキンズを園崎未恵、コンラッドが戦場で出会う若き兵士アーチーを櫻井孝宏が担当。

ロシア皇帝の家族にまで入り込み、戦争遂行の実権を握るほどの影響力と戦闘能力を兼ね備え、謎の狂団からロシアに送り込まれた刺客グリゴリー・ラスプーチンを山路和弘が務める。

「キングスマン ファースト・エージェント」は、9月25日から全国公開。

フォトギャラリー

  • 豪華声優陣が集結

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。