スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「銀魂 THE FINAL」のストーリーは原作のラストまで 空知英秋描き下ろしビジュアル披露

ニュース 2020年8月20日(木)08:00

「銀魂 THE FINAL」のストーリーは原作のラストまで 空知英秋描き下ろしビジュアル披露

総勢34人のキャラクターが集結!

総勢34人のキャラクターが集結!

(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

イメージを拡大

劇場アニメ「銀魂」第3弾となる「銀魂 THE FINAL」のビジュアルが、このほどお披露目された。原作者・空知英秋氏の描き下ろしとなっており、坂田銀時、志村新八、神楽の万事屋3人を含めた総勢34人のキャラクターが集結している。

シリーズ累計発行部数5500万部を超える漫画「銀魂」は、抱腹絶倒のギャグと壮絶アクション、厚い人情をも詰め込んだ痛快エンターテインメント作品として、世界中のファンに愛され続けている。15年間続いてきたアニメシリーズのフィナーレとなる本作では、空知氏による全面協力のもと、キャラクターデザインを一新している。

さらに、原作のラストをベースに制作が進んでいることが判明。ストーリーの詳細は今後発表となるが、ファンの期待も裏切らない“オリジナル要素”も盛り込まれる予定だ。

ビジュアルは、「バイバイ、銀さん。」というお別れの言葉とともに、「もうこれで卒業!」といわんばかりに、思い出の品を青空に投げるキャラクターたちの姿を活写。この“卒業ビジュアル”は、8月22日から上映予定劇場(一部を除く)で順次掲出。同時配布されるチラシの裏面には、過去の場面写真がちりばめられており、これまでの「謝罪の歴史」の振り返りが掲載されている。また、今回解禁されたビジュアル以外にも、空知氏のさまざまな形での全面協力も決定している。

そして「銀魂」の初代担当であり、現在は「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)のメディア担当編集長となった大西恒平氏が“最後の銀魂”を見届けるべく担当に復帰。「ONE PIECE担当して、編集長にまでなって、出世コース邁進してウハウハだったんですが、なんの因果かこのタイミングで、また最悪の戦場に戻ってきてしまいました…。責任とりたくないよ、恐いよ…」と胸中を吐露している。

19年6月に連載を終えた空知氏の近況も気になるところ。「『アニメ劇場版銀魂』~俺たちのスーパーステージ~」に寄せた手紙では「毎日エロ動画見てクソして寝るだけ」と告白していた。大西氏は「最近の空知先生は、連載してないし、コロナだしで、やること無いから、筋トレして、禁煙して、規則正しい生活を送って、無駄に長生きしようとしてます」と意外な姿を明かしている。

「銀魂 THE FINAL」は、2021年1月8日から全国公開。

作品情報

銀魂 THE FINAL

銀魂 THE FINAL Check-in4

俺の護りたかったもんは魂<ここ>にある――。地球滅亡のカウントダウンが迫る中、かつての盟友である銀時、高杉、桂はそれぞれの想いを胸にひた走る。だが彼らの前に立ちはだかったのは、あまりにも哀しい絆...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

タグ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。