スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 動物アレルギーの花澤香菜が、「ムヒDC速溶錠」のWEB動画で「はだざわかだ」として鼻声の演技を披露

ニュース 2020年10月13日(火)12:00

動物アレルギーの花澤香菜が、「ムヒDC速溶錠」のWEB動画で「はだざわかだ」として鼻声の演技を披露

イメージを拡大

動物アレルギーを公表する花澤香菜が、動物などによるアレルギー症状の治療薬「ムヒDC速溶錠」のWEB動画に出演し、同商品の特設サイト(https://www.ikedamohando.co.jp/muhi_dc/index.html)で声優「・はだざわかだ」として鼻声での演技を披露したている。

公開された動画は、花澤がインタビューで動物アレルギーであることをカミングアウトする「声優・はだざわかだ~実は~」篇編、電話をしながら「ムヒDC速溶錠」を一生懸命紹介する「声優・はだざわかだ~DとC~」編篇、スタジオで台本を読みながらCM録音の収録を行う「声優・はだざわかだ~検索は~」編篇の3種類。「動物とふれあったことで、くしゃみが止まらなくなった」という設定で花澤は全編鼻声での演技に挑戦しており、3種類の動画を通常の声でセルフ吹き替えしたクリーンver.も公開されている。

同商品を製作する池田模範堂は、動物アレルギー症状のつらさと、その症状に対策があるということを広く知ってもらうため、動物アレルギーを公表している花澤を起用したとのこという。花澤も仕草で表現できるくしゃみやかゆみとは異なり、鼻炎の症状についてはどのようにしたらその声を作れるか模索し、さまざまな方法を試してもっとも近い声が出せる「ナ行をダ行に、マ行とワ行をバ行に変換する」という方法で収録に挑んだという。また、「~実は~」編篇では現場に猫がいないながらも「そこにいる」という設定で目だけでの演技にチャレンジし、「~DとC~」編篇では撮影現場に犬がいたこともあって花澤のアレルギー症状が出ないよう窓ガラスを隔て、「動物アレルギーのソーシャルディスタンス状態」で収録が行われた。

さらに、特設サイトでは花澤のスペシャルインタビューも公開中で、撮影を終えての感想、普段からの動物アレルギー対策、動物アレルギーでつらかった経験などを語っている。このほか、企画の一環として自身のTwitterでは、動画の公開にあわせてアレルギー症状が出たかのようなツイートも行い、くしゃみだけで多数のいいねを獲得した。

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

タグ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。