スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 劇場版「鬼滅の刃」興収311億円突破 「千と千尋の神隠し」の大記録まで5.2億円

ニュース 2020年12月21日(月)19:45

劇場版「鬼滅の刃」興収311億円突破 「千と千尋の神隠し」の大記録まで5.2億円

12月26日からはMX4D、4DX上映もスタート!

12月26日からはMX4D、4DX上映もスタート!

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

イメージを拡大

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開10週目、66日間で観客動員2317万5884人、興行収入311億6664万7900円を記録した。共同で配給を手がける東宝とアニプレックスが、12月21日に発表した。

10月16日に全国403館(IMAX38含む)で封切られた同作は、週末3日間で観客動員約342万人、興行収入約46億2300万円を超える大ヒットスタート、公開から10日間で107億円を稼ぎ出し、日本最速の興行収入100億円突破記録を作った。

現在は全国379館で上映中。今週末の興行成績は12月19日が観客動員13万3068人、興行収入1億8778万8050円、12月20日が動員14万8780人、興行収入2億262万7400円となった。

なお、歴代最高興行収入で1位に君臨していた宮崎駿監督作「千と千尋の神隠し」は、12月15日に行われた東宝の2021年度ラインナップ発表会で、これまでの興収を上方修正。6月26日から8月まで全国372館で再上映された際に記録した数字(約8億8000万円)が加算され、累計興収は約316億8000万円に。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」との差は、約5.2億円となった。

「鬼滅の刃」シリーズは、原作は、2016~20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメが2019年4~9月に放送された吾峠呼世晴氏の人気漫画が原作。鬼に家族を殺された少年・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼となった妹・禰豆子(ねずこ:「禰」の正式表記は「ネ+爾」 )を人間に戻すために、さまざまな敵と死闘を繰り広げる姿を描く。

映画のことなら映画.com

作品情報

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 22

炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助が無限列車に乗り込むシーンで終了したテレビシリーズ最終話から繋がる劇場版。

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。