スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「聖剣伝説」シリーズ30周年で初のアニメ化 グラフィニカ×横浜アニメーションラボ制作

ニュース 2021年6月28日(月)20:00

「聖剣伝説」シリーズ30周年で初のアニメ化 グラフィニカ×横浜アニメーションラボ制作

(C)SQUARE ENIX / サボテン君観察組合

イメージを拡大

スクウェア・エニックスが展開するアクションRPG「聖剣伝説」シリーズの30周年を記念し、シリーズ初となるアニメーション作品「聖剣伝説 Legend of Mana -The Teardrop Crystal-」の制作が決定した。ワーナーブラザースジャパンがプロデュースし、アニメーション制作を「終末のワルキューレ」のグラフィニカと、「ラピスリライツ」の横浜アニメーションラボが行う。

「聖剣伝説」は、外伝も含めた累計販売本数が800万本を超える人気シリーズで、ファンタジー世界を舞台に“マナ”と“聖剣”をめぐる大冒険が描かれる。1991年に「ファイナルファンタジー」シリーズの外伝として第1作が発売され、93年発売の「聖剣伝説2」から独立したシリーズに。「聖剣伝説 Legend of Mana」は、99年に発売されたシリーズ第4作で、絵本のようなグラフィックや幻想的な音楽などでシリーズ屈指の人気を誇り、今年6月24日にHDリマスター版が発売されたばかり。アニメ版に携わるグラフィニカと横浜アニメーションラボは、HDリマスター版に収録されているアニメーションムービーも手がけた。

原作ゲームシリーズのプロデューサー・小山田将氏は「アニメ化のご提案をいただいたとき、『聖剣伝説 Legend of Mana』のHDリマスター版は、影も形もないどころか、まだ検討もしていない状態でした。せっかくなのでお話だけでも、と、軽い気持ちで会議に参加したところ、ワーナーブラザースジャパン八幡氏が口にされたのは、『どうしてもLOMでやりたいんです』という力強いお言葉と想い。ラヴが重い。ああ、これに答えるにはゲームも早く作らねば――といった経緯でリマスター版が始まったとか始まらなかったとか……」とアニメ化の経緯を振り返り、「『LOM』ファンのみなさん、安心してください。このアニメに関わる人達は、間違いなく当時の(LOMを)好きな気持ちを持ったままの大人です」と制作陣への信頼を語った。

巨大な樹木の根本に建つ家を目指す、剣を携えた人物と、植物の葉でできた体をもった生き物を描いたティザービジュアルも公開されている。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。