スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「カールじいさんの空飛ぶ家」のしゃべる犬・ダグが主人公 短編アニメ「ダグの日常」がDisney+で9月10日配信

ニュース 2021年9月10日(金)12:00

「カールじいさんの空飛ぶ家」のしゃべる犬・ダグが主人公 短編アニメ「ダグの日常」がDisney+で9月10日配信

ダグ目線でドタバタの日常を描く

ダグ目線でドタバタの日常を描く

(C) 2021 Disney and its related entities

イメージを拡大

ディズニーの動画配信サービスDisney+で、ピクサー・アニメーション・スタジオのオリジナル短編シリーズ「ダグの日常」(全5話)が9月10日に配信されることが決定。キービジュアルとともに、予告編がYouTubeで公開された。

本作の主人公ダグは、第82回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞した「カールじいさんの空飛ぶ家」に登場するキャラクター。冒険家チャールズ・F・マンツの飼い犬の一匹で、首輪に犬語翻訳機をつけており、人間と会話することができる。今作には、カールじいさん、ラッセルらおなじみのキャラクターも登場。カールじいさんの家の裏庭を舞台に、ダグ目線で日常生活で起こるドタバタ劇を描く。

監督・脚本を務めるのは、「ファインディング・ニモ」「カールじいさんの空飛ぶ家」でアカデミー賞脚本賞にノミネートされ、Disney+のオリジナル短編アニメーション「フォーキーのコレって何?」でエミー賞を受賞したボブ・ピーターソン。ピーターソンは、ダグの声も演じている。日本語吹替版は「カールじいさんの空飛ぶ家」と同じく、ダグの声を松本保典、カールじいさんの声を飯塚昭三が担当する。

予告編には、ダグのライバルになりそうなリスの姿も収められ、何やらハプニングが起こりそうな予感。「カールじいさんの空飛ぶ家」を思い出させるカールじいさんとダグの掛け合いも映し出され、笑いを誘う。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。