スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 藤津亮太が3つの視点でアニメ表現を考える評論集「アニメの輪郭」発売

商品情報 2021年10月14日(木)21:00

藤津亮太が3つの視点でアニメ表現を考える評論集「アニメの輪郭」発売

雑誌「ユリイカ」で発表した原稿を中心に収録

雑誌「ユリイカ」で発表した原稿を中心に収録

イメージを拡大

アニメ評論家の藤津亮太氏による評論集「アニメの輪郭-主題・作家・手法をめぐって-」(青土社刊)が10月12日に発売された。

芸術総合誌「ユリイカ」に発表されたものを中心にアニメという表現の特性を考える評論を収録。「そこに何が描かれていたか 時代・主題をめぐって」「それは誰が描いたものなのか 監督・演出をめぐって」「それはどのように描かれたものなのか アニメ・漫画・実写の界面をめぐって」の3つの視点に分けられ、「監督・演出をめぐって」では岡田麿里、今敏、菅野よう子、庵野秀明、押井守らの作品について触れられている。

四六判・並製、256ページで価格は1980円(税込)。

作品情報

さよならの朝に約束の花をかざろう

さよならの朝に約束の花をかざろう 10

縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。10 代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 雑誌「ユリイカ」で発表した原稿を中心に収録

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。