スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 真面目で頑張り屋の女の子がときどきレッサーパンダに変身!? ディズニー&ピクサー新作、22年3月公開

ニュース 2021年11月18日(木)12:00

真面目で頑張り屋の女の子がときどきレッサーパンダに変身!? ディズニー&ピクサー新作、22年3月公開

「私ときどきレッサーパンダ」特報&ポスターもお披露目

「私ときどきレッサーパンダ」特報&ポスターもお披露目

(C)2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

イメージを拡大

ディズニー&ピクサーの新作「Turning RED(原題)」が、「私ときどきレッサーパンダ」の邦題で、2022年3月11日に公開されることが決定。あわせて披露された特報とポスターには、真面目で頑張り屋の女の子メイが、なぜかレッサーパンダに変身してしまう姿が切り取られている。

物語の主人公は、伝統を重んじる家庭に生まれ、両親を尊敬し、母親の期待に応えようと頑張るティーンエイジャーのメイ。しかし彼女は、アイドルや流行りの音楽が大好き。恋をしたり、友達と羽目を外して遊んだりと、実はやりたいことがたくさんあった。そんなメイは、ある出来事をきっかけに本当の自分を見失い、感情をコントロールできなくなる。悩んだまま眠りについたメイが翌朝目を覚ますと、自分の姿がレッサーパンダになっていることに気付く。

特報では、「私は真面目……私は素直……私は頑張り屋……」と自分に言い聞かせるメイを活写。フラストレーションが全開となった次の瞬間、大爆発が起こり、メイはモフモフのレッサーパンダに変身する。「どうしよう」と泣きながら屋根の上を猛スピードで進んだり、くしで毛をとかして心を落ち着け、女の子の姿になるものの、すぐにレッサーパンダへと戻ってしまったりと、コミカルなシーンも映し出されている。ポスターは「本当の私、どこいっちゃったの?」というコピーと、慌てふためくレッサーパンダが印象的だ。

監督を務めるのは、ピクサーの短編アニメーション「Bao」で、アジア系女性として初めて第91回アカデミー短編アニメーション賞に輝いたドミー・シー。カナダ・トロントの中国人コミュニティで暮らす女性が、命が宿った“中華まん”を息子として育てていくコミカルかつ奇想天外なストーリーのなかで、親子のほろ苦い真実と深い愛という普遍的なテーマを描いた。本作では、「女の子がときどきレッサーパンダに変身する」という独創的な設定で、周囲の人々との関係を通して、女の子が自分を解放していく物語を紡ぐ。

「私ときどきレッサーパンダ」は、22年3月11日に全国公開。

映画のことなら映画.com

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。