スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「呪術廻戦」舞台化決定、来夏上演 小林顕作が演出、喜安浩平が脚本を担当

イベント 2021年12月20日(月)22:00

「呪術廻戦」舞台化決定、来夏上演 小林顕作が演出、喜安浩平が脚本を担当

テレビ&劇場アニメ化に続き舞台化も決定

テレビ&劇場アニメ化に続き舞台化も決定

(C)芥見下々/集英社
(C)芥見下々/集英社・舞台「呪術廻戦」製作委員会

イメージを拡大

人気漫画「呪術廻戦」の舞台化が決定し、2022年7、8月に東京・大阪で上演されることが分かった。舞台版のタイトルは「舞台『呪術廻戦』」で、公式略称は「じゅじゅステ」とアナウンスされている。

「パタリロ!」の舞台版と実写映画を手がけた小林顕作が演出を務め、テレビアニメ「はじめの一歩」幕之内一歩役などで声優としても活動する俳優・演出・脚本家の喜安浩平が脚本を担当する。

同作は、「週刊少年ジャンプ」で連載中の芥見下々氏による伝奇アクション漫画。テレビアニメが2020年10月~21年3月にMAPPA制作で放送され人気を博した。漫画本編の前日譚が原作の「劇場版 呪術廻戦 0」が12月24日に公開される。

イベント情報・チケット情報

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。