スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「日向坂46」丹生明里にとってかけがいのない存在は? 佐倉綾音は“炭水化物愛”を語る

イベント 2022年3月1日(火)20:30

「日向坂46」丹生明里にとってかけがいのない存在は? 佐倉綾音は“炭水化物愛”を語る

初日舞台挨拶の模様

初日舞台挨拶の模様

(C)2021 Rayark Inc. /DEEMO THE MOVIE Production Committee

イメージを拡大

人気音楽リズムゲームをアニメーション映画化した「劇場版 DEEMO サクラノオト あなたの奏でた音が、今も響く」の初日舞台挨拶が2月25日、都内で行われ、声優を務めた竹達彩奈、「日向坂46」の丹生明里、佐倉綾音、濱田岳、イッセー尾形、藤咲淳一総監督が登壇した。

本作は、ピアノを弾く謎の存在・Deemoが生息する世界に迷い込んだ少女・アリスの物語を紡ぐ。ゲームからアリスの声を担当してきた竹達は、劇場版作品のエンディングロールで最初に自身の名前が出てくるのは本作が初だったといい、「スクリーンで見たときはウルっと感慨深いものを感じました」と振り返る。

ストーリーにちなみ、「かけがえのない存在」について聞かれた丹生は、「日向坂46」のファンを意味する“おひさま”の存在を挙げて「おひさまの皆さんがいなかったら、ライブもできないし、(アイドルとしてのすべての活動は)応援してくださる方がいるからこそできています」と改めて感謝を伝えると、佐倉は「丹生ちゃん、100点満点ですね」と感嘆しつつ、自身は「炭水化物です(笑)」と回答し、会場からは拍手が沸き起こる。

(C)2021 Rayark Inc. /DEEMO THE MOVIE Production Committee

イメージを拡大

竹達が「(佐倉は)一緒にご飯に行ってもお肉より炭水化物を食べています」と証言すると、佐倉は「お肉も美味しくいただくんですけど、お肉についている味でご飯を食べたいんです。パン、ごはん、麺、ないと動けないですね」と“炭水化物愛”を熱弁した。

舞台挨拶の終盤には、2月15日で21歳になった丹生、2月22日に古希を迎えた尾形に、本作をイメージした花束がプレゼントされ、巨大な特製ケーキも登場した。尾形は「2月生まれはこういう商売、すごく向いてるんだよ。古希が言ってるんだから間違いないから」と、丹生にエールを送っていた。

映画のことなら映画.com

作品情報

劇場版DEEMO サクラノオト-あなたの奏でた音が、今も響く-

劇場版DEEMO サクラノオト-あなたの奏でた音が、今も響く- 0

謎の生物・Deemoが孤独にピアノを奏でている城。そこにある日、記憶を失った少女が空から舞い降りてくる。Deemoと少女、そして城の不思議な住人たちや、ピアノの音色で成長する木によって、優しくて...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 初日舞台挨拶の模様

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。