スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 劇場アニメ「らくだい魔女」Production I.G制作で23年春公開決定 15周年の人気児童書シリーズを映像化

ニュース 2022年3月25日(金)18:00

劇場アニメ「らくだい魔女」Production I.G制作で23年春公開決定 15周年の人気児童書シリーズを映像化

(C)成田サトコ・千野えなが・ポプラ社/アニメ「らくだい魔女」製作委員会

イメージを拡大

児童書シリーズ「らくだい魔女」(ポプラ社刊)の15周年を記念して制作される劇場アニメを、「攻殻機動隊」シリーズで知られるProduction I.Gが手がけることがわかった。公開時期は2023年春に決定し、ティザービジュアルが披露された。

成田サトコ氏(作)と千野えなが氏(絵)による原作「らくだい魔女」は、累計発行部数160万部を超える人気シリーズ。2006年に「らくだい魔女はプリンセス」(第1回Dreamスマッシュ!大賞受賞作)でスタートし、現在は第18巻まで刊行されている。魔法使いたちが暮らす魔法の国を舞台に、プリンセスでありながら、おっちょこちょいで失敗ばかりのフウカが、見習い魔女として魔法学校の仲間たちと大冒険を繰り広げ、初恋を経験していく姿を描く。

劇場アニメ版では、監督に「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」の浜名孝行を迎え、脚本を「カードファイト!! ヴァンガードG」シリーズの吉村清子、キャラクターデザインを「恋する小惑星」(総作画監督)の杉田まるみが務める。

ティザービジュアルは、蝶がとまるホウキにまたがったフウカが、満面に笑顔を浮かべて大空を駆ける姿を描いたイラストとなっている。

作品情報

らくだい魔⼥ フウカと闇の魔⼥

らくだい魔⼥ フウカと闇の魔⼥ 2

銀の城のプリンセス・フウカは、失敗ばかりの「らくだい魔女」。フウカはある日、お城の地下室に隠された「黒水晶の腕輪」の封印を解いてしまいます。腕輪には秘密があり、かつて世界を滅ぼそうとした「闇の魔...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。