スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 映画「ゆるキャン△」特報公開 大人のなでしこらを描くオリジナルストーリー

ニュース 2022年3月31日(木)18:00

映画「ゆるキャン△」特報公開 大人のなでしこらを描くオリジナルストーリー

第2弾ティザービジュアル

第2弾ティザービジュアル

(C) あfろ・芳文社/野外活動委員会

イメージを拡大

「映画 ゆるキャン△」の特報映像と第2弾ティザービジュアルが公開され、同作が大人になって働くなでしこらを描くオリジナルストーリーであることが明らかとなった。また、オープニングテーマを亜咲花、エンディングテーマを佐々木恵梨がテレビシリーズから続いて担当することも発表された。

アニメ「ゆるキャン△」シリーズは、あfろ氏の同名漫画を原作に、山梨県周辺を舞台に女子高生がアウトドアを楽しむ姿をゆるやかに描く。第1期が18年、ショートアニメ「へやキャン△」が20年、第2期が21年に放送された。

映画版は、原作者のあfろ氏監修による完全オリジナルストーリー。高校時代にキャンプをともにした5人はそれぞれの道を歩み、なでしこは東京のアウトドア用品店、リンは名古屋の出版社でタウン情報誌の編集者、千明は東京のイベント会社を経てUターン転職で山梨県の観光推進機構、あおいは山梨の小学校教員、恵那は横浜のペットサロンでトリマーとして働いている。

特報ではリンとなでしこの姿が映され、「そんなに広い敷地なら、キャンプ場にでもすればいいじゃん」というリンの一言とともに5人が再集結する様子が描かれている。特報内では、亜咲花によるオープニングテーマ「Sun Is Coming Up」の一部を聴くことができる。

なお、立山秋航による映画版のオリジナル・サウンドトラックが映画公開日の7月1日に発売されることも決定した。

作品情報

映画 ゆるキャン△

映画 ゆるキャン△ 33

高校時代、キャンプを通じて関係を育んでいった、なでしこ、リン、千明、あおい、斉藤。時を経てそれぞれの道を歩んだ 5 人が、とあるきっかけでキャンプ場を作ることに。「ゆるキャン△」が演出する、自然...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 第2弾ティザービジュアル

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。