スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > ジェームズ・キャメロン、「アバター4&5」監督辞退の可能性を示唆

ニュース 2022年7月9日(土)21:00

ジェームズ・キャメロン、「アバター4&5」監督辞退の可能性を示唆

「アバター ウェイ・オブ・ウォーター」は12月16日に公開!

「アバター ウェイ・オブ・ウォーター」は12月16日に公開!

写真:Everett Collection/アフロ

イメージを拡大

全世界待望の大ヒット映画「アバター」の続編4作品を準備しているジェームズ・キャメロン監督が、「アバター4」と「アバター5」に別の監督を起用する可能性を示唆した。

今年、シリーズ第2弾「アバター ウェイ・オブ・ウォーター」がようやく公開される。最新号で特集を組んだ英エンパイアは、キャメロン監督に独占インタビューを敢行。そのなかで、キャメロン監督は他の監督にバトンを渡す用意があること明かした。

「『アバター』映画は、ありとあらゆるものを消耗する。さらに私は、他にもエキサイティングなものを企画している。いずれ時間が経てば――3作目以降か4作目以降か分からないが――信頼できる監督にバトンタッチして、自分が興味のある他の作品を手がけられるようにしたいと思う。あるいは、そうしないかもしれない。いまはわからない」

キャメロン監督はかつて、自らが企画した「アリータ バトル・エンジェル」を、ロバート・ロドリゲス監督に託したことがある。

ただし、「アバター」シリーズへの興味を失ったわけではないと、キャメロン監督は断言する。

「家族、持続可能性、気候変動、自然界と、実生活でも映画人生でも私にとって重要なテーマについて、私が言いたいことはすべて、このキャンバスで言うことができる」と、「アバター」シリーズの魅力を述べる。「先に進むにつれて、どんどん興奮した。第4作がキモだ。ぶっとんでいる。実際、自分で撮りたいと思っている。でも、それは市場原理による。第3作は撮影が終わっているので、どんなことがあっても公開される。第4作と第5作もぜひ作りたい。究極的にはひとつの壮大な物語だからね」

「アバター」の続編4作品にゴーサインを出したのは20世紀フォックスだが、ディズニー傘下となったいま、先行きが不透明になっているようだ。

「アバター」シリーズの全米公開予定は以下の通り。

「アバター ウェイ・オブ・ウォーター」2022年12月16日
「アバター3」24年12月20日
「アバター4」26年12月18日
「アバター5」28年12月22日

映画のことなら映画.com

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。