スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「さかくぎ」釘宮理恵の生涯ベスト映画、最近感銘を受けた作品は?【あの人が見た名作・傑作】

インタビュー 2022年7月22日(金)18:00

「さかくぎ」釘宮理恵の生涯ベスト映画、最近感銘を受けた作品は?【あの人が見た名作・傑作】

釘宮理恵

釘宮理恵

イメージを拡大

映画を見に行こうと思い立ったとき、動画配信サービスで作品を鑑賞しようとしたとき、何を見れば良いのか分からなかったり、選択肢が多すぎて迷ってしまうことは誰にでもあるはずです。

映画.comでは、企画「あの人が見た名作・傑作」を更新中。映画業界、ドラマ業界で活躍する著名人がおすすめする名作、傑作をご紹介していきます。第8回は、ラジオ番組「阪口くんと釘宮さんのブックトラベラー」(愛称「さかくぎ」)でパーソナリティを務める声優の釘宮理恵さんです。阪口大助さん登場の第7回(https://anime.eiga.com/news/116536/ )とあわせてお読みください。(取材・構成:五所光太郎/アニメハック編集部)

【紹介してくれた人:釘宮理恵】

「灼眼のシャナ」「とらドラ!」などのアニメ作品はもちろん、Netflixシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」イレブン役など、映画・海外ドラマ吹き替えも多く担当している釘宮さん。代表作のひとつであるアニメ「銀魂」などで共演している阪口さんと、本をテーマにしたラジオ番組「阪口くんと釘宮さんのブックトラベラー」(愛称「さかくぎ」)のパーソナリティを担当しています。ラジオ大阪で毎週日曜深夜12時(月曜午前0時)から放送中で、アニメハック公式YouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/c/animehack_official )、niconico公式チャンネルでも配信中。月に1回、生配信も行っています(生配信は有料パートあり)。

イメージを拡大

●子どもの頃ひたすら見ていた「サウンド・オブ・ミュージック」

――釘宮さんの生涯ベスト映画を教えてください。

釘宮:私のベスト映画は「サウンド・オブ・ミュージック」です。アンケートでも常にそう答えていまして、もうこの映画とともに育ったといっても過言ではないぐらいダントツで見ている映画だと思います。
 子どもの頃、両親がテレビでオンエアされたものを録画したビデオがあって、7、8歳から小学生ぐらいまで、ひたすらそればかり見ていました。ちょっと時間があって面白いテレビ番組がないとき、「じゃあ一回見ておくか」ぐらいの感じで、週に何回も見るようなこともありました。同じミュージカル映画の「コーラスライン」のビデオもあって、テンポ感のあるゴージャスな雰囲気のものを見たいときは「コーラスライン」、時間がたっぷりあって、ほのぼのした気持ちでいい曲が聴きたいときは「サウンド・オブ・ミュージック」みたいに、子どもながらに目的を使い分けて見ていました。「サウンド・オブ・ミュージック」は、けっこう長い映画でしたので。

「サウンド・オブ・ミュージック」

「サウンド・オブ・ミュージック」

(C)2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

イメージを拡大

――「サウンド・オブ・ミュージック」は、大人になってからも見返されているのでしょうか。

釘宮:今は見ていないのですが、あえて見なくても「サウンド・オブ・ミュージック」に関しては、そらで状況が思い描けるぐらい見ている気がします。あまりにも見すぎていて、今さらどう言葉にすればいいか分からないぐらいなのですが、なんといっても曲が素晴らしいですし、音楽によってみんなが結ばれていく普遍性のあるストーリーが魅力なのかなと思います。子ども心にトラップ大佐は格好いいなと思いながら見ていましたし、主人公の女性がアイデアひとつで状況をプラスに変えていくところも、すごく自分に影響を与えてくれているんじゃないかなと勝手に感じています。

――最近、映画館ではどんな映画をご覧になりましたか。

釘宮:最近は映画館で見られていなくて、いちばん最近見たのは「ボヘミアン・ラプソディ」です。これも音楽の映画ですが、音がいい映画館で見られたので臨場感もあって大変感動しました。番組を一緒にやっている阪口さんと同じで私もアクション映画はあまり見なくて、ストーリー主体のものや音楽がからむ映画に興味がわくほうです。

【「サウンド・オブ・ミュージック」作品情報】

リチャード・ロジャース作曲&オスカー・ハマースタイン2世作詞によるブロードウェイミュージカルを、「ウエスト・サイド物語」のロバート・ワイズ監督により映画化。「ドレミの歌」「私のお気に入り」「エーデルワイス」など劇中で歌われる名曲の数々とともに、映画史に名を刻む傑作ミュージカルとして知られている。アカデミー賞では作品賞、監督賞ほか5部門受賞。日本でも1965年に公開されて以降、長年にわたり愛され続けている。

●女子がキュンとくるポイントがあふれていた「アメリ」

――「サウンド・オブ・ミュージック」のほかに、これまで何度もご覧になった映画はありますか。

釘宮:大人になってから「アメリ」を何十回も見ました。あの映画は女子がキュンとくるポイントがあふれすぎていて良すぎますよね。キッチュな映像の色合いや、美学を感じるお洒落な構図など、細かなこだわりがちりばめられた絵作りが素晴らしくて、ストーリーもいい感じだったので、本当に癒しになるなと思いながら何度も見ていました。

「アメリ」

「アメリ」

写真提供:アマナイメージズ

イメージを拡大

――公開当時、作中にでてくるクリームブリュレが流行りました。

釘宮:そうそう、流行りましたよね。ちょっと硬いやつでないと嫌っていう。

【「アメリ」作品情報】

パリ・モンマルトルを舞台に空想好きな女性アメリの日常と不器用な恋の行方をポップな映像とブラックユーモアを交えて描き、フランスのみならず日本でも大ヒットを記録したロマンティックコメディ。オドレイ・トトゥが主人公アメリを魅力たっぷりに演じ、「クリムゾン・リバー」など監督としても活躍するマチュー・カソビッツが共演。監督は「デリカテッセン」のジャン=ピエール・ジュネ。

●何もかも素晴らしいと思う大好きな映画「耳をすませば」

――他に思い出深い映画があったら聞かせてください。

釘宮:ジブリの「耳をすませば」は、何もかも素晴らしいと思う大好きな映画です。公開当時の個人的な思い出と重なって、とても印象に残っています。読書少女だったので、本をかいして月島雫と天沢聖司が出会って意識し合うというシチュエーションも刺さりましたし、成長したふたりが支えあい、雫は物語を書き、天沢聖司がバイオリンをつくるという展開も……もう何もかも素晴らしいんですよ、あの映画は……すみません、ちょっと早口になってしまいました(笑)。

「耳をすませば」

「耳をすませば」

(C) 1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

イメージを拡大

【「耳をすませば」作品情報】

柊あおい氏の同名少女コミックをスタジオジブリがアニメーション映画化。読書好きな中学生3年生の少女・月島雫は、自分が図書館で借りてくる本の貸し出しカードの多くに「天沢聖司」という名前があるのを見つけ、それ以来、顔も知らない天沢聖司の存在が気になっていた。夏休みのある日、図書館に向かう途中で遭遇した一匹のネコに導かれ、雫は「地球屋」という不思議な雑貨店に迷い込む。やがて店主の孫の少年が天沢聖司であることを知り、2人は徐々に距離を縮めていく。宮崎駿や高畑勲の作品を支えてきた名アニメーターの近藤喜文の長編初監督作。98年に46歳で他界した近藤にとって、本作が最初で最後の監督作となった。

●新しいことに挑戦してみたい、誕生日に背中を押してもらったTwitter開設

――そういうお話が伺いたかったのでありがたいです。映画からはなれた話題で恐縮ですが、誕生日の5月30日にTwitter( https://twitter.com/rie_k_0530 )をはじめられたきっかけはなんだったのでしょうか。

釘宮:何か今までやったことがない新しいことに挑戦してみたいなという気持ちがあって、これまでも折をみて事務所にTwitterをやるのはどうだろうと相談していたんです。
 それで、ちょうど今年のお誕生日の前々日ぐらいに「よし! やってみよう」と思いたって、そのときに会った友だちに相談もして、いろいろ教えてもらいました。その後、事務所にあらためて相談してアカウントをつくってもらったりして、開設することができました。いつはじめてもよかったのかもしれませんが、誕生日というのがひとつ背中を押してもらったきっかけになったのかなと思っています。
 はじめる前は数百人ぐらいの人に「こんにちはー」みたいにやるのかなと思っていたのですが、声優さんからもたくさんリプライをいただいて、本当にビックリしましたし、あれよあれよといううちに数字も大きくなっていって、はじめた直後は、え? え? え……みたいな感じでした(笑)。こんなにのんびりした感じでやっていいのかなと思いつつ、ダラダラとわりとどうでもいいことを日々つぶやいています。

●阪口大助さんと共通して好きなことを話す「さかくぎ」、のんびり聴ける番組に

――最後に、阪口さんとやられているラジオ番組「阪口くんと釘宮さんのブックトラベラー」について聞かせてください。

釘宮:「ブックトラベラー」という番組名ですが、本だけでなく食べ物のことなど、ふたりが共通して好きなことを話すことが多い番組になりつつあります。それでも毎月、課題図書というコーナーをもうけてまして、仕事をかねて月に1冊必ず本が読めているので、今年は健全な1年を送りつつあるなと、とても充実した思いです。リスナーさんのなかにも同じタイミングで課題図書を読んでくださっている方がいて、私たちの紹介によって読む候補の1冊に加えていただけているのかなとうれしく思っています。
 テンションが高すぎない、のんびり聴けるような番組になっているのかなと、私たち自身も毎回しゃべっていて、ひたすら楽しみながらお送りしています。そうした雰囲気もふくめて、番組を楽しんでいただけたらなと思っています。

「阪口くんと釘宮さんのブックトラベラー」
ラジオ大阪、アニメハックYouTubeチャンネル、ニコニコチャンネルにて、毎週日曜深夜12時(月曜午前0時)から放送中
公式Twitter:https://twitter.com/sakakugi_obc
番組コラム:https://anime.eiga.com/news/column/sakakugi/

アニメハック公式Twitter、フォロー&RTプレゼントキャンペーン
<賞品>
釘宮理恵さん、阪口大助さんサイン入り色紙、1名様
<応募期間>
7月22日~8月21日23:59
<応募方法>
1.アニメハック公式Twitterをフォロー。
2.公式Twitterがツイートした、プレゼント告知のツイートをRT(リツイート)。キャンペーン終了までフォローを外さないようご注意ください。
https://twitter.com/animehackcom/status/1550406587994488832
3.当選された方には、キャンペーン終了後、公式twitterアカウントからDM(ダイレクトメッセージ)をお送りします。

作品情報

耳をすませば

耳をすませば 1

月島雫は、明るく読書好きな女の子。中学3年になって、周りは皆受験勉強で一生懸命なのに、いつも学校の図書館や市立図書館で本を読みふけっていた。雫はある日、図書館の貸し出しカードに「天沢聖司」という...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 釘宮理恵
  • 「サウンド・オブ・ミュージック」
  • 「耳をすませば」
  • 「アメリ」

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。