スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > Netflixアニメ「ムーンライズ」キャラクター原案に荒川弘 スペシャルアート公開

ニュース 2022年9月26日(月)18:30

Netflixアニメ「ムーンライズ」キャラクター原案に荒川弘 スペシャルアート公開

荒川弘によるスペシャルアート

荒川弘によるスペシャルアート

イメージを拡大

小説家・脚本家の冲方丁氏と「王様ランキング」「SPY×FAMILY」のWIT STUDIOによるNetflixアニメシリーズ「ムーンライズ」に、「鋼の錬金術師」「銀の匙 Silver Spoon」などで知られる漫画家・荒川弘氏がキャラクター原案として参加していることがわかった。荒川氏によるスペシャルアートが公開されている。

物語の舞台は、汚染物や犯罪者を月に送ることで平和を保つ地球と、貧困な生活を強いられる月との格差が、独立戦争の火種になろうとしている近未来。爆破テロに巻き込まれた主人公のジャックは、月の反乱軍によって家族を奪われた復讐のため、地球軍の調査兵として仲間と共に月へ向かうことを決意する。

メインスタッフは、冲方氏が原作、WIT STUDIOがアニメーション制作を務めるほか、監督を肥塚正史(「進撃の巨人」Season2、Season3)、キャラクターデザインを山田歩(「BANANAFISH」総作画監督)、音楽を川崎龍(崎はたつさきが正式表記)が担当する。

Netflixシリーズ「ムーンライズ」は2024年に全世界独占配信。

作品情報

ムーンライズ

ムーンライズ 0

舞台は西暦2XXX年―。人類は“緩やかな世界政府”を樹立。全ては国際AIネットワーク〈サピエンティア〉に委ねられ、人々はその合理的判断に従って生活を送っていた……。しかし〈サピエンティア〉が進め...

2024アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 荒川弘によるスペシャルアート

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。