スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > アニメハック編集部コラム > 【ネタバレなし】「ONE PIECE」ファン&初心者が見た「ONE PIECE FILM RED」最速クロスレビュー

特集・コラム 2022年8月5日(金)18:00

【ネタバレなし】「ONE PIECE」ファン&初心者が見た「ONE PIECE FILM RED」最速クロスレビュー

(C) 尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

イメージを拡大

コミックス全世界累計発行部数が5億部を突破した「ONE PIECE」待望の劇場最新作「ONE PIECE FILM RED」。原作漫画が連載開始25周年をむかえ、連載が最終章に突入した節目の年に封切られる長編アニメ第15作がいよいよ公開です。

原作単行本は100巻の大台にのり、テレビアニメ版も1000話を超える「ONE PIECE」シリーズは、途中で追いかけるのをやめたり、最初からは読んだり見たりできないと思っている方も多いはず。夏の大注目作である「ONE PIECE FILM RED」は、「ONE PIECE」ファンはもちろん、今作から見ても十分楽しめるエンターテインメント作品に仕上がっています。

「ONE PIECE」大ファンの映画.com編集部員と、「ONE PIECE」をほぼ知らないアニメハック編集部員がいち早く今作を鑑賞。それぞれの視点で、ネタバレなしのレビューをお届けします。

■「ONE PIECE」ファンレビュー/「ONE PIECE FILM RED」はFILMシリーズの魅力がぎゅっと詰まった作品

(C) 尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

イメージを拡大

原作者の尾田栄一郎先生が総合プロデュースを務めるFILMシリーズ。その4作目となる本作は今までの作品の魅力がギュギュっと詰まった「ONE PIECE」ファンにはたまらない作品となっています。

尾田先生描きおろしストーリーで映画化した「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」でも魅せたルフィ率いる麦わら海賊団の強い結束で生み出される連携した戦い。「ONE PIECE FILM Z」で見るものすべてを虜にした元海軍大将ゼットのような魅力的なオリジナルキャラクター。「ONE PIECE FILM GOLD」で心躍った音楽演出や華やかな舞台、豪華キャラクターの競演。そのすべてがスケールアップしたのが、「ONE PIECE FILM RED」でした。

(C) 尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

イメージを拡大

ウタの圧倒的な歌声と魅力的な舞台演出で始まるライブシーンは、映画館のスピーカーで聞くとまるで自分も会場にいるかのような迫力で、思わず体を動かしたくなります。もうこれだけ見るために何度も映画館に通いたくなります。

(C) 尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

イメージを拡大

(C) 尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

イメージを拡大

また、今回登場するキャラクターたちも豪華。シャンクスをはじめとする赤髪海賊団の面々だけでなく、トラファルガー・ローや海軍のコビー、元CP9のブルーノにビッグ・マム海賊団のカタクリなど人気キャラクターたちも集結していて、それだけでもファンとしてはうれしくなるばかり。

(C) 尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

イメージを拡大

そしてなんといっても見逃せないのが、今回のオリジナルキャラクター、シャンクスの娘のウタ。新世代の歌姫であるウタが「ONE PIECE」の世界観をまたひとつ深いものにしてくれています。ワンピースファンには見逃せない作品です。(蛯谷朋実)

■「ONE PIECE」初心者レビュー/「ONE PIECE FILM RED」は大スクリーンで堪能したい“音楽フェス”映画

(C) 尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

イメージを拡大

原作単行本が50巻台のときに読みたいと思ったけれど手をだせず、アニメ版で見たことがあるのは細田守監督作品として見た「ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」(2005)のみ。そんな筆者が「ONE PIECE FILM RED」は見てみようと興味をひかれたのは、監督を務めるのが「コードギアス」シリーズの谷口悟朗氏だったからでした。

(C) 尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

イメージを拡大

その後、今作のヒロイン・ウタ役が名塚佳織とAdoによるダブルキャストとなり、ウタが歌う主題歌&劇中歌7曲を7組のアーティストが提供する発表にも驚かされました。歌唱と声の出演が違うのは「マクロスF」を思いだし、1本の映画で7曲もの楽曲が披露されるということは“音楽フェス”的な作品になるのだろうと、さらに楽しみになりました。

(C) 尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

イメージを拡大

Adoによるライブシーンは期待を大きく超える内容で、物語と絶妙にリンクした楽曲群はバラエティ豊か。映画館の大スクリーンと音響でこそ味わえる楽しみに満ちていました。

(C) 尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

イメージを拡大

原作1話で描かれた、ルフィがゴムゴムの実を食べた代償に泳げないことや、シャンクスとの絆について知らずとも、シャンクスの魅力と存在感の大きさは今作を見るだけで十分感じられ、ドラマ面でも心に残るものがありました。一度見ただけでは消化しきれないぐらいの要素があって、もう一度見返すときは“色”に注目して見たいなと思っています。

谷口監督が今作で「ONE PIECE」映画でどんな役割をはたしたのかは映画評(https://eiga.com/movie/96171/critic/ )に書きました。あわせてご一読ください。(五所光太郎/アニメハック編集部)

「ONE PIECE FILM RED」は、いよいよ8月6日から公開。鑑賞した方は、映画.comのレビュー投稿(https://eiga.com/movie/96171/review/ )にてぜひ感想をお寄せください。

映画のことなら映画.com
アニメハック編集部

アニメハック編集部コラム

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハックヘンシュウブ)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

作品情報

ONE PIECE FILM RED

ONE PIECE FILM RED 6

世界で最も愛されている歌手、ウタ。素性を隠したまま発信するその歌声は”別次元”と評されていた。そんな彼女が初めて公の前に姿を現すライブが開催される。 色めき立つ海賊たち、目を光らせる海軍、 そし...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。