スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > ソロもメロキュアとしての活動も、どちらも充実したものにしていきたい アーティスト meg rock (日向めぐみ) インタビュー

2017年1月4日 19:00

ソロもメロキュアとしての活動も、どちらも充実したものにしていきたい アーティスト meg rock (日向めぐみ) インタビュー

イメージを拡大

シンガーソングライターとして活躍し、声優やアイドルらへの楽曲提供も数々行ってきたmeg rockこと日向めぐみ。現在はmeg rock名義での自身のソロワークのほか、メロキュアでのユニット活動、中川翔子や〈物語〉シリーズ、OVA「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」オープニングテーマとして起用された三月のパンタシア「群青世界」への楽曲提供も記憶に新しい。今回は、ソロとしての活動と、ライフワークとも言える岡崎律子とのユニット「メロキュア」について話を聞いた。

――本日は日向さんが参加されているユニットであるメロキュアと、ソロ活動についてのふたつの軸で、お話を伺っていければと思います。メロキュアはここ数年のリリースやライブなどで、活動を再開したというイメージがあるのですが……。

meg rock:そもそも特に休止していたつもりもなくて、なのでもちろん再開したという意識もなくて「一生メロキュアします!」って以前宣言した通り、変わらずずっと今まで自分のソロのライブなどでも歌っていて。そんな中で、近年、私のライブにサポートメンバーで参加していただいたり、提供曲などでもご一緒している、実は私のデビュー当時からのソロやメロキュア周りもずっと好きでいてくださっているという、クラムボンのミトさんが「メロキュアでアニサマ(アニメロサマーライブ)出ちゃえばいいと思います!」なんて、さらっとおっしゃって。最初は冗談半分で受け止めていたのですが、いつの間にかミトさんのエネルギーにみんなが巻き込まれて、ミトさんの言葉に背中を押されるように、そして実際に舞台袖でも背中を押していただいて、気付いたらアニサマに出ていたっていう。そうしたら、そこで初めてメロキュアを知ってくださって、その後、音源を聴いてくださったり、ライブに来てくださるようになった方もたくさんいらっしゃって、そして、今実際におっしゃっていただいたように、以前からメロキュアを知っていてくださって、でもしばらく離れていたりした方にも「あれ?再開した?」って、勘違いだとしても、気付いていただけるほど、今まで届いていなかった方にもまた届いているんだなって、色々なきっかけでこんな風に色々な方に新しく、そして、再び、知っていただけるのであれば、もっと色々な機会で歌っていきたいなと思うようにもなって。

――ミトさんとの関わりの中で、音楽性に広がりや変化は生まれましたか?

meg rock:音楽性とは少し違うかもしれませんが、例えばミトさんのソロアルバムに参加した時に、ミトさんがレコーディングしていた小淵沢にあるスタジオで、3、4曲書けたことがあったんですよ。その時の空気感からインスパイアされないと、この感情、このメロディ、この言葉は出てこなかったのかも、ということはありました。それと「そんなに構えることじゃないんだな」というある種の気楽さも、ミトさんのおかげで自分の中に生まれたと思います。(メロキュアに関しても)多分、いつの間にか、肩に少し力が入っちゃってる部分があったのかもしれなくて。でも、ミトさんの、さらっと「やっちゃえばいいと思います!」というノリに巻き込まれて、いい意味で凄くニュートラルな気持ちで新しいチャレンジもできてる気がします。

――特にメロキュアのファーストライブは凄く鮮烈だったと思います。ターニングポイントだったのではと思えたのですが、いかがですか?

meg rock:確かに、そういう面もあったかもです。ソロライブの中のメロキュアコーナーではどうしても限界のあった曲数も、メロキュアのライブでは、ライブをまるっとほぼメロキュアの楽曲だけで構成できるので、アルバムの中のあの曲もこの曲もと欲張れますし、13年間ずっと音源だけで聴いてくださっていたリスナーの皆様にも、おそらくフルレングスのライブとして初めて色々な楽曲でのメロキュアを「体感」していただけたんじゃないかなぁと。

同時に、オーディエンスの皆さんのレスポンスで、こちらも「ライブだとこうなるんだ」ということを肌で感じることができましたし、最初はとにかくメロキュアでライブをやりたい!という、その一心ではじまったメロディック・ハード・ツアーでしたが、このツアーに確実に存在しているその意味を改めて実感できつつあるというか。

イメージを拡大

――メロキュアの今後も気になるのですが、どういった活動を志されるのですか?

meg rock:一生メロキュアしていきたいと思っています! メロディック・ハード・ツアーも、自分なりのペースですけど、一生、続けていけたらと。

――では、どこかのタイミングで、次のサードライブも期待していいのでしょうか。

meg rock:ええ。今回のセカンドライブではタイミングや会場が合わなかったりで叶わなかったのですが、ツアーというからにはちゃんと東京以外でもやりたいなと思っていて。「どこにいたって聞こえる」ように、そのうち実現できたらと考えています。いろいろ夢は膨らみます(笑)。

――では、次にソロのお話もできればと思うのですが、今後の予定は決まっているのでしょうか?

meg rock:メロキュアワンマンからソロ恒例の年末ワンマンと、ここ数ヶ月はライブの準備やリハーサルが続いていたりだったので、予定よりちょっとスケジュールが後ろ倒しになりつつあるのですが、春頃にはミニアルバムをリリースできればと思っています。今はレコーディングに向けて、曲作りの日々です。

――どんな曲を今作っていらっしゃるのですか?

meg rock:実はこの数年、既に先行リリース、先々行リリースという形で、ミニアルバムの中から “star” と “heart” の2曲をデジタル限定でじわじわと先行配信していて、それを聴きながらミニアルバムを待っていただくという、いわゆるちょっと前でいうシングル的な感覚に近いというか、その2曲も何年かかけてライブでも定番曲になりつつあり、あともう1曲、この夏のソロワンマンや年末のソロワンマンでも宇宙最速お披露目した曲があったりします。ちなみにミニアルバムのテーマは「星」です。

――どうして星なのでしょうか?

meg rock:新曲たちを並べてみたら、あれ、なんだか星が共通テーマになっているぞ?と気付き(笑)!多分、書いているとき、そんな気分だったんだと思います。もともと単純に星が凄く好きで、自分の曲だけじゃなく、提供曲でも星の歌が多くあったりして。

――今後の目標やこんなことをやっていきたいといった思いがあれば、教えていただけますでしょうか。

meg rock:ユニットも、ソロも充実したものにしていきたいと思っています。リーダー(岡崎律子)も私も二人ともソロをやっていて、だからこそメロキュアには、課外活動的な自由さもある気がしていて。だから今後も両立して、ほとばしったり、やり散らかしていければなと思っています。

――最後にファンの皆様へメッセージをお願いできますでしょうか。

meg rock:いつもメロキュア及びmeg rockを応援してくださってる皆様へ。長く聴き続けてくださってる皆様、新しく聴いてくださった方、きっといろんな方がいらっしゃると思うのですが、聴き続けてくださってるうちに、その方の人生の、それぞれの瞬間で、色々な意味を何度でも発見していただけるような、そして、そんな風に長く愛していただける楽曲をこれからもいっぱい作っていけたらなと思ってます。ライブでどんどん進化していく楽曲もあったりするので、是非ライブにも遊びにいらしていただけたりしたらうれしいです!

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ