スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「劇場版FAIRY TAIL」オリジナルキャラ役で古川慎、悠木碧、斉藤次郎が出演決定

2017年3月16日 20:30

「劇場版FAIRY TAIL」オリジナルキャラ役で古川慎、悠木碧、斉藤次郎が出演決定

(C)真島ヒロ・講談社/劇場版フェアリーテイルDC製作委員会

イメージを拡大

真島ヒロ氏の人気漫画「FAIRY TAIL」のアニメ最新作「劇場版FAIRY TAIL ‐DRAGON CRY‐」に登場する新キャラクターのキャスティングが公開され、「タブー・タトゥー」の古川慎、「魔法少女まどか☆マギカ」の悠木碧、洋画の吹き替えなどで活躍する斉藤次郎の出演が明らかになった。

「FAIRY TAIL」は、火を自在に操る魔導士のナツが、魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のメンバーをはじめとする仲間たちとともに、数多の困難や強敵に立ち向かう姿を描くファンタジーアクション作品。「劇場版FAIRY TAIL ‐DRAGON CRY‐」では、真島氏が描き下ろしたネームをもとにオリジナルストーリーが展開され、断崖絶壁に囲まれた孤島・ステラ王国を舞台に、長大な物語のルーツが明らかになる。

古川が演じるのは、世界を滅ぼすほどの力を秘めるという魔法の杖「竜の涙」を奪ったステラ王国の王・アニムス。古川は「この映画を作っているみなさまの熱量が、音声としても映像としてもガンガン伝わってくる作品になっております。ぜひ劇場で、このストーリーをみなさまに見ていただければ嬉しいです」とアピールした。

悠木は、アニムスに仕えつつも救国の志を抱く魔術師・ソーニャを演じる。「『FAIRY TAIL』の記念すべき10 周年。その歴史ある1作品に参加させていただくことになり『お世話になります!』という気持ちでいっぱいでした。私の演じたソーニャは、心優しくて、おとなしくて、その中に重大な秘密を抱えているので、観ていただけるときっと驚かれると思います」と、自身が担当する役どころを紹介。斉藤は、ステラ王国の国務大臣・ザッシュ役を担当する。

そのほか、3月17日から全国の劇場窓口で販売される、クリアファイル付きムビチケカードの絵柄も公開された。原作者の真島氏が同作のために最初に描き下ろしたというイラストで、半身が竜と化したナツが描かれた一枚になっている。価格は一般1400円、小人900円。同日には、アニメイトとアニメイトオンライン、ムービック通販限定のA3クリアポスター付きムビチケカードの販売もスタートする。価格は1940円(税込み)。なお、アニメイトでは、前売り券と「FAIRY TAIL」原作コミックスを同時購入すると、真島氏による描きおろしメッセージカードがもらえるキャンペーンも行われる。

「劇場版FAIRY TAIL ‐DRAGON CRY‐」は5月6日全国ロードショー。

作品情報

劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-

劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY- Check-in0

フィオーレ王国の神殿に奉られた魔法の杖・竜の涙。世界を滅ぼすほどの力を秘めるというこの杖が、王国の反逆者ザッシュによって奪われ、ステラ王国の国王・アニムスの手に渡ってしまう。竜の涙奪還の依頼を受...

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ