スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 【週末興行ランキング】「夜は短し歩けよ乙女」は高稼働で7位、「黒子のバスケ」が10位に再浮上

2017年4月11日 19:00

【週末興行ランキング】「夜は短し歩けよ乙女」は高稼働で7位、「黒子のバスケ」が10位に再浮上

(C) 森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

イメージを拡大

4月8~9日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。春休みが終了しても「SING シング」と「モアナと伝説の海」が依然として1位、2位を堅守。「SING シング」は4週連続首位を獲得した。「モアナ」と激戦を繰り広げていた「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」は4位に後退したが、累計動員は356万人、興収は40億円を突破した。

新作では、士郎正宗のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメの傑作を、ハリウッドで実写映画化した「ゴースト・イン・ザ・シェル」が3位に初登場。IMAXや4DX/MX4Dなどの上映稼働率が高いのが特徴となっている。

人気作家・森見登美彦の初期ベストセラー作品を湯浅政明監督でアニメ映画化した「夜は短し歩けよ乙女」は7位にランクイン。7日から全国120スクリーンで公開され、3日間では動員9万4000人、興収1億3800万円をあげ、高い稼動となっている。原作や湯浅作品ファンに加え、星野源、花澤香菜ら声優キャストのファンを中心に動員した模様。

なお、「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」が前週の13位から10位に再浮上。累計動員は57万人、興収は7億5800万円に達した。また、「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」は累計動員が160万人、興収は23億円を突破している。

作品情報

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女 Check-in7

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』ようナカメ作戦を実行する。春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて…。京都の街で、個性豊かな...

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ