スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「武装少女マキャヴェリズム」眠目さとり役の西田望見 棒読みに聴こえてしまう恐怖を乗り越えて表現したかったこと

2017年6月21日 22:00

「武装少女マキャヴェリズム」眠目さとり役の西田望見 棒読みに聴こえてしまう恐怖を乗り越えて表現したかったこと

イメージを拡大

武装した女子が、男子を支配する学園を舞台にしたバトルアクション「武装少女マキャヴェリズム」。まもなく最終回を迎える本作で、「天下五剣」のひとりである眠目さとりを演じる西田望見に、キャラクターを表現するために工夫したこと、クライマックスの見どころを聞いた。

――眠目さとりというキャラクターを、どんな風にとらえていますか。

西田:見た目はすごく可愛らしいんですが、少し不気味というか、「この子って怖いな」と思わせるような女の子です。かといって病んでいるのとも違って、戦闘に関しては貪欲さもある不思議なキャラクターだと思います。

――そんな彼女を、どのように演じようと思われたのでしょう。

西田:どう演じたら彼女の不気味さを出せるのか、ずいぶん考えました。普通にやるとただの可愛い女の子になってしまう。どうしたら皆さんの耳に気持ち悪く届くのだろうと考えて、基本的にキャラクターとは会話をしないように心がけました。彼女が誰かに話しかけていても、それを聴いている人は「この子は誰に話しかけているの?」と思うようにしてみようと。

――とはいえ、台本上では2人で会話していることになっているんですよね。

西田:そうなんです。ただ台本の中に「なんだコイツ。目がちょっと怖い」みたいなセリフがあったりもするんです。観ている人にもそうした違和感を感じてもらうために、宙を浮いているというか、「何を考えているんだろう?」という感じをだせるように頑張りました。

――具体的に、どんな工夫をされたのでしょうか。

西田:相手が話しかけている内容とまったく違うことを考えるようにしました。例えば、あるキャラクターから「何とかだよな」と言われているとき、「この人と早く戦いたいな」みたいな、今話しているのと違うことを考えながらセリフを言ったりとか。そうすると、聴く人によっては、「なんだか変な感じがするな」と思うかもしれない。ただ、棒読みに聴こえてしまう恐怖もあったんですけれど、どうしてもさとりの不気味さを感じてほしかったので、そういうところは意識しました。

――特殊なやり方をされて、大変だったのではないですか。

西田:いや、面白かったですよ。すごく悩んで音響監督さんにも相談して、ディスカッションができたのも楽しくて。私自身は、さとりのセリフに感情がなさすぎると思って、「もう少し感情を入れたほうがいいですか」と聞いたら、音響監督さんからは「もっと(感情を)抜いて」と言われたんです。役者としては何も感じていないような芝居をするのは、けっこう恐怖なんですよ。「それで大丈夫なの?」と思ってしまう。そこを一歩踏み出して、「よし! 何も感じないようにするぞ」と言い聞かせながら体当たりでやってみました。

作品情報

武装少女マキャヴェリズム

武装少女マキャヴェリズム Check-in4

自由を愛する高校生・納村不動が転校してきた愛地共生学園では、武装した女子達による無慈悲な男子支配が行われていた! 納村は転校早々、学園を統治する「天下五剣」の一人で「鹿島神傅直心影流」の使い手・...

2017年春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ