スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「アニサマ2017」千秋楽でMay'nがLiSAやWUGとコラボ 3年ぶり出演の水樹奈々が堂々フィナーレ

2017年9月21日 17:00

「アニサマ2017」千秋楽でMay'nがLiSAやWUGとコラボ 3年ぶり出演の水樹奈々が堂々フィナーレ

LiSA×May'n

LiSA×May'n

(C)Animelo Summer Live 2017/MAGES

イメージを拡大

日本最大級のアニソンフェス「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」が8月27日、東京・さいたまスーパーアリーナで千秋楽を迎えた。

開幕は、LiSAと「アニサマ」常連ながらシークレットゲストとして招かれたMay'nによるコラボレーションが飾り、「crossing field」「Chase the world」といった、お互いの楽曲をカバーするメドレーを披露。初出演を果たした奥華子は「こんなに広い場所で歌うのは人生で初めて」と、アニソンではない不動産賃貸・MASTのCMソングで会場を和ませた後は、自身の代表曲でもある劇場アニメ「時をかける少女」主題歌「ガーネット」を弾き語り、澄んだ歌声を会場に響かせた。また、10月からテレビアニメ化も決定している「アイドルマスター SideM」からは、「DRAMATIC STARS」「High×Joker」「S.E.M」の3ユニットのキャラクターを演じる天道輝役の仲村宗悟、桜庭薫役の内田雄馬ら11名のキャストが登壇。「MOON NIGHTのせいにして」「HIGH JUMP NO LIMIT」「Study Equal Magic!」をユニットごとにメドレー形式で歌って、ファンを魅了した。

前半戦のラストは、今年のテーマソング「Playing The World」の作詞、作曲、編曲を担当したZAQが務めた。MCでは熱を込めて“アニサマ愛”を語り、客席から盛大な拍手が送られた。

Wake Up, May'n

Wake Up, May'n

(C)Animelo Summer Live 2017/MAGES

イメージを拡大

後半戦序盤の「Wake Up, Girls!」(以下、WUG)の出番ではMay'nが合流し、コラボレーションユニット「Wake Up, May'n」としてパフォーマンスを行う一幕も。May'nは「『アニサマ』という夢のステージに、大好きなWUGちゃんと『Wake Up, May'n』として立てたことが嬉しいです!」と喜びながら、テレビアニメ「異世界食堂」オープニング主題歌「One In A Billion」を「WUG」メンバーと息の合ったダンスとともに披露した。

終盤にはLiSAが再登場し、いよいよラストスパートへ。「oath sign」「だってアタシのヒーロー。」など4曲を熱唱し、大トリに控える水樹奈々へとバトンを渡した。

(C)Animelo Summer Live 2017/MAGES

イメージを拡大

水樹の出演は「Animelo Summer Live 2014 -ONENESS-」以来3年ぶり。前々日まで、初のミュージカル「ビューティフル」で主演を務めていたにも関わらず「私、キングレコードの筋肉担当です。体力には自信があります!」と疲れを見せることなく、「ここに集まっている方たちも強者ぞろいですよね? まだまだ体力残ってますか。みんなのありったけの声とエネルギー、私に分けてください!」と力強く呼びかけ、会場のボルテージは最高潮に。そして、最後は「私とともに絶唱してくれますか」と、ステージを端から端まで一気に走り抜け、スマートフォン向けゲームアプリ「戦姫絶唱シンフォギア XD UNLIMITED」の主題歌「UNLIMITED BEAT」を歌いあげ、3日間で約8万1000人が集まった「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」のフィナーレを飾った。

なお11月には、NHK BSプレミアムで「アニサマ2017」の模様が放送されることも決定している。詳細は公式サイトで後日発表される。

フォトギャラリー

  • LiSA×May'n
  • 奥華子

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ