スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「新海誠展」東京・国立新美術館で11月開催決定 国立美術館初となる現役アニメ監督の展覧会

2017年9月2日 22:00

「新海誠展」東京・国立新美術館で11月開催決定 国立美術館初となる現役アニメ監督の展覧会

イメージを拡大

アニメ映画「君の名は。」で一大ムーブメントを巻き起こした新海誠監督のデビュー15周年と、東京・国立新美術館の開館10周年を記念した展覧会「新海誠展‐『ほしのこえ』から『君の名は。』まで‐」が11月11日~12月18日、同館で開催されることがわかった。「新海誠展」は、6月3日に静岡・大岡信ことば館でスタートし、長野を経由して東京へ巡回。国立の美術館で現役アニメーション映画監督の名前を冠した展覧会が開かれるのは、これが初の試みとなる。

同展では、2002年に短編アニメ「ほしのこえ」でデビューした新海監督が、16年の「君の名は。」に至るまでの足跡を追い、両作品はもちろん、初の長編作品で毎日映画コンクール受賞作「雲のむこう、約束の場所」をはじめ、「秒速5 センチメートル」「星を追う子ども」「言の葉の庭」といった作品の絵コンテ、設定、作画、美術など貴重な制作資料を展示する。また、各作品の印象的なセリフやモノローグ、キャッチコピーなどを紹介するほか、音楽、映像の視聴展示も行われる。

さらに、展示空間の広さを生かして、静岡、長野会場での展示内容のほかに、初お披露目を含む制作資料類が追加公開されるという。詳細は9月7日の記者会見で発表予定。会見後は、東京会場の特設サイトも公開される。

入館料は、当日券が一般1600円、大学生1200円、高校生800円、中学生以下は無料で、前売り券は各200円引きとなる。

東京以外の巡回地は、9月2日~10月29日に長野・小海町高原美術館、18年1月3日~2月25日に北海道・札幌芸術の森美術館、18年7月21日~9月24日に福岡・北九州市漫画ミュージアムとなっている。

イベント情報・チケット情報

新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-【東京】 Check-in6
開催日
2017年11月11日(土)
場所
国立新美術館(東京都)

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ