スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 【週末興行ランキング】「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」、館アベ1位の好スタート

2017年9月5日 19:00

【週末興行ランキング】「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」、館アベ1位の好スタート

イメージを拡大

9月2日~3日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。9月最初の週末は「関ヶ原」が2週連続で首位を獲得。2位の「怪盗グルーのミニオン大脱走」は累計興収が66億5000万円を突破した。3位に「ワンダーウーマン」、4位には「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」が続いている。

新作では、人気アニメ「機動戦士ガンダム」の原点を描くシリーズ第5話「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」が8位に初登場。全国35館で公開され、オープニング2日間で動員4万9398人、興収9271万7300円をあげた。劇場1スクリーンあたりのアベレージが257万5481円と、同週末の上映作品の中でダントツの第1位となり、非常に高い稼働となっている。

初日舞台挨拶の模様は全国35館へライブビューイングが行われ、「ファーストガンダム」からのレジェンドメンバー(池田秀一、古谷徹、銀河万丈、古川登志夫、安彦良和総監督)が集結したこともあり、ガンダムファンをはじめ幅広い世代が来場。また、豪華特典仕様の初回限定版ブルーレイが劇場で販売されるなど、上映を待ちわびた全国のファンが劇場に詰めかけた。

ジャッキー・チェン主演「スキップ・トレース」は10位で、韓国製サバイバルパニックアクション「新感染 ファイナル・エクスプレス」は僅差の11位スタートとなった。

なお、1位から7位まで前週と順位の変動はなく、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」は9位で、累計興収は33億円を突破。「劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」は圏外だが13位をキープし、全国17スクリーンの公開ながら高い稼動を続けている。

作品情報

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦 Check-in4

宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめた作戦を実行し突き進むジオン公国軍に対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍、その裏で交錯するザ...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ