スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 押井守のジブリ論とは…?書籍「誰も語らなかったジブリを語ろう」10月20日発売

2017年10月17日 20:00

押井守のジブリ論とは…?書籍「誰も語らなかったジブリを語ろう」10月20日発売

イメージを拡大

「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」や「イノセンス」などで国際的にも知られるアニメ監督の押井守が、スタジオジブリに関する独自の “ジブリ論”を展開する書籍「誰も語らなかったジブリを語ろう」が、10月20日に東京ニュース通信社から刊行されることがわかった。

同書は、宮崎駿監督や鈴木敏夫プロデューサーとも親交がある押井監督が、ジブリ作品を読解し、忌憚(きたん)のない批評を寄せる一冊。「第一章 矛盾を抱えた天才 宮崎駿」「第二章 リアリズムの鬼 高畑勲」「第三章 ジブリ第三の監督たち」「第四章 小さな巨人――スタジオジブリ」の全4章構成で、「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」までの各作品を振り返りながら、「これまでのジブリ、これからのアニメーション」までを語るインタビューが収録されている。

価格は1600円(税抜き)。カバーイラストは「夜明け告げるルーのうた」を手がけたアニメ監督の湯浅政明が担当している。

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ