スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ガンダム サンダーボルト」タイトルの「BANDIT FLOWER」に込められた意味を監督が明かす

2017年11月21日 12:00

「ガンダム サンダーボルト」タイトルの「BANDIT FLOWER」に込められた意味を監督が明かす

イメージを拡大

太田垣康男氏の漫画をアニメ化した「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の第2シーズン全4話に新作シーンを加えた特別編「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」が11月18日に上映を開始し、イオ・フレミング役の中村悠一、ダリル・ローレンツ役の木村良平、ビアンカ・カーライル役の古川由利奈、松尾衡監督、サンライズプロデューサーの小形尚弘氏が登壇した初日舞台挨拶が、東京・新宿ピカデリーで行われた。

松尾監督は「『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』というタイトルは、震災後、被災地に行った経験から思い浮かびました。人がいなくなった場所でも花がどんどん咲き広がっていく様子が、戦争が終わっても、まだ自分たちのテリトリーを広げていく人たちとかけられないかと考えました。花のように進んでいく人たちということで『BANDIT FLOWER』です! 実は、今回出てくる花や背景の色も花言葉とかけているんです。ダリルが乗っているアッガイのレーダー機も花のように開くデザインになっています!」とタイトルの由来を明かした。

第1シーズンからのキャラクターの心境の変化について、木村は「今回、ダリルは隊長という立ち位置で、よりにぎやかに取り組むことができました! 部下たちとのかけ合いのシーンはおもしろい。ビリーみたいに反抗する部下もいたり、そこはダリルもちょっとイラついてるなと思いました(笑)」とコメント。また、中村が「ライバル(ダリル)不在の状態で戦うのは難しかったです。でも今作では、お互い新しくパートナーができますからね。ついに『サンダーボルト』でもニュータイプ演出が入った! って瞬間があって、僕じゃないんですけど『いいな、カッコイイな』って思いました! 本来なら主役がやるところを……」と悔しがる一幕も繰り広げられた。

お気に入りについて木村は「一気にダリルの曲が増えていてうれしかったですね。前回、曲の対比をもっと見たいと思っていたので『アッガイダンス』とか見どころです(笑)。ポップな曲で入ったところから、シリアスな展開に変わっていくところがすごい!」と話し、中村は「やっぱり戦っているシーンは全体的に好きですね。とくにアトラス(ガンダム)の戦闘シーンは新作カットが増えていて、ようやくイオらしさがでてくるのでよかったです! 仲間といる時とも、ダリルと一緒にいる時とも違う。戦闘狂な部分が好きです」と語った。

最後は小形プロデューサーが「本作では、イオとダリルは会えてないんですよね。今は焦らしている最中なので、ふたりが次に会った時、喜びが爆発するんじゃないですかね(笑)。みなさんがたくさん見ていただければ僕らも頑張れますので、応援よろしくお願いします」と呼びかけた。

作品情報

機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER

機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER Check-in4

イオとの死闘を制したダリルは、ジオン残党軍の一員として地球にいた。彼は奪われたサイコ・ザクの情報を得るための諜報任務に就いていたのだ。一方、新たな仲間と共に「サンダーボルト作戦」に参加したイオの...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ