スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「弱虫ペダル」主演・山下大輝の奮闘と成長を鳥海浩輔が絶賛

2017年11月23日 19:00

「弱虫ペダル」主演・山下大輝の奮闘と成長を鳥海浩輔が絶賛

イメージを拡大

人気アニメの第3期「弱虫ペダルNEW GENERATION」を振り返る「『弱虫ペダル』TVアニメ第3期名エピソード上映イベント Vol.2」が11月11日、東京・TOHOシネマズ日本橋で開催され、声優の山下大輝と鳥海浩輔によるトークショーが行われた。

2018年1月からスタートする第4期「弱虫ペダル GLORY LINE」に向けて行われた同イベントでは、第3期の第16話「2度目のインターハイ」と第17話「スタート!!!」という、インターハイの激闘が描いた2話を上映。その後、小野田坂道役の山下と今泉俊輔役の鳥海という、両エピソードの中核を担った2人がトークショーに登壇した。山下は印象的なシーンとして、第17話での総北チーム全員が拳を合わせる場面をあげ、「総北はいいバランスのチーム。誰一人として欠けてはいけない存在なんだと改めて感じました」と感慨深げに語った。

13年のテレビシリーズ第1期以来、「弱虫ペダル」が長期にわたって支持され続けている理由を聞かれると、山下は「ひとつのことに挑み、がむしゃらに頑張っている姿が毎回人を熱くさせる。こんなふうに生きられたら、というパワーをくれます」と回答。鳥海は「本気のまっすぐな思いは、みんなに伝わるのだと思います。登場人物に嘘がなく、王道ど真ん中で不変的な作品。それが今の時代に、逆にマッチしたのではと思います」と話した。

山下は第1期の初回収録を振り返り「あれ以上の緊張はない」というほどのプレッシャーを感じる中で挑んだことを告白。そのこわばりを感じ取っていたという鳥海は「一緒にやっていく中で、いい意味でどっしりしてきて、最初のころの不安定さがなく、頼りになる背中に変わってきています」と山下の成長を讃えた。

イメージを拡大

最後は、山下が「第4期『GLORY LINE』から、また走り出しますので、僕もすごく楽しみです。作品を待っていてくださるみなさんの気持ちが、アフレコに臨む時にパワーになります。これからも一緒に走っていただけたらと思います」、鳥海が「みなさんの応援のおかげで第4期『GLORY LINE』が決定しました。1話からテンションの高いところからスタートします。また引き続き熱い気持ちで一緒に走り続けていただければと思います」と、第4期に向けた意気込みを語った。

なお、12月10日には「上映イベント Vol.3」も開催。青八木一役の松岡禎丞と鏑木一差役の下野紘をゲストに迎え、インターハイでのスプリントバトルが描かれる第19、20話を上映する。

イベント情報・チケット情報

TVアニメ第4期『弱虫ペダル GLORY LINE』放送直前、TVアニメ第3期名エピソード上映イベント Vol.3 Check-in0
開催日
2017年12月10日(日)
時間
11:00開始
場所
TOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京都)
出演
松岡禎丞, 下野紘

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ