スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「劇場版 はいからさんが通る」後編の監督が「打ち上げ花火」助監督・城所聖明に決定

2017年11月24日 12:00

「劇場版 はいからさんが通る」後編の監督が「打ち上げ花火」助監督・城所聖明に決定

(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会

イメージを拡大

大和和紀氏の名作少女漫画を劇場アニメ2部作として描く「劇場版 はいからさんが通る」の後編「花の東京大ロマン」の監督が、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の助監督を務めた城所聖明(きどころせいめい)に決定した。

前編「紅緒、花の17歳」で監督と脚本を務めた古橋一浩は、本作では脚本に専念。主人公・花村紅緒役の早見沙織や、伊集院忍(少尉)役の宮野真守といったメインキャスト、音楽の大島ミチル、アニメーション制作の日本アニメーションといった顔ぶれは、前編からの続投が決定している。

原作は1975~77年に「週刊少女フレンド」(講談社刊)に連載された人気作。大正時代を舞台に、お転婆でハイカラな女の子・紅緒と、その許婚である少尉の、時代の荒波に翻弄される恋模様を描く。劇場アニメ2部作は前編「紅緒、花の17歳」が11月11日から公開中。18年公開の後編「花の東京大ロマン」では、78年放送のテレビシリーズではアニメ化されなかった原作のラストエピソードまでが描かれるという。

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ