スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > オリジナルアニメの原作を募集する「Project ANIMA」 選出作はサテライト、J.C.STAFF、動画工房がアニメ化

ニュース 2017年12月20日(水)19:00

オリジナルアニメの原作を募集する「Project ANIMA」 選出作はサテライト、J.C.STAFF、動画工房がアニメ化

左から、動画工房平松岳史氏(デジタル作画チーフ)、サテライト河森正治監督、J.C.STAFF松倉友二氏(チーフプロデューサー)、声優の緑川光、DeNAプロデューサー上町裕介氏

左から、動画工房平松岳史氏(デジタル作画チーフ)、サテライト河森正治監督、J.C.STAFF松倉友二氏(チーフプロデューサー)、声優の緑川光、DeNAプロデューサー上町裕介氏

イメージを拡大

DeNA、創通、文化放送3社によるオリジナルアニメに関する新規プロジェクト「Project ANIMA(プロジェクト アニマ)」発表会が12月20日、文化放送メディアプラスホールにて行われた。

同プロジェクトは、DeNAが主幹事、創通が作品の権利運用、文化放送がプロモーションという住みわけで、共同してオリジナルアニメを創出する試み。DeNAグループが運営する投稿プラットフォームから広くアニメの原作・原案を募集し、選出作はサテライト、J.C.STAFF、動画工房の3社によってアニメ化される。発表は、2020年の予定だ。

「Project ANIMA」メインビジュアル(画:横槍メンゴ)

「Project ANIMA」メインビジュアル(画:横槍メンゴ)

イメージを拡大

第1弾のテーマは「SF・ロボットアニメ部門」で、18年2月1日から募集スタート。選出作のアニメーション制作はサテライトが行う。第2弾のテーマは「異世界・ファンタジー」で、制作はJ.C.STAFF、同年4月に募集がはじまる予定だ。いずれの募集も、プロ・アマ、個人・法人を問わず、形式も企画書、脚本、小説、マンガ、イラスト、動画と多岐にわたる。くわしい募集要項は、「Project ANIMA」公式サイト(https://project-anima.jp)に掲載中だ。また、18年1月4日から文化放送ではじまる関連番組「エブリスタ・マンガボックスpresents 豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部」(出演:豊永利行、小松未可子、三上枝織)でも同プロジェクトに関する情報発信が行われることが明らかにされた。

トークセッションには、第1弾の選考に参加するサテライトの河森正治監督、声優の緑川光らが登壇。自作の企画のきっかけは旅から生まれることが多いと語る河森監督は、今回の募集にあたって、「一言聞いて『面白そう』と思える、強力なコンセプトをつけてほしい」と呼びかけた。

フォトギャラリー

  • 左から、動画工房平松岳史氏(デジタル作画チーフ)、サテライト河森正治監督、J.C.STAFF松倉友二氏(チーフプロデューサー)、声優の緑川光、DeNAプロデューサー上町裕介氏
  • 「Project ANIMA」メインビジュアル(画:横槍メンゴ)
  • 「Project ANIMA」ロゴ(デザイン:有馬トモユキ)

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ