スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 闇の格闘試合描く「ケンガンアシュラ」監督に岸誠二 ティザーPVも公開

ニュース 2018年3月23日(金)20:00

闇の格闘試合描く「ケンガンアシュラ」監督に岸誠二 ティザーPVも公開

イメージを拡大

2019年に放送されるテレビアニメ「ケンガンアシュラ」のメインスタッフが発表された。岸誠二監督、シリーズ構成の上江洲誠、キャラクターデザインの森田和明といった、「乱歩奇譚 Game of Laplace」や「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」でおなじみの顔ぶれが登板。音楽を「キリングバイツ」の高梨康治(Team-MAX)、アニメーション制作を「魔法少女育成計画」に参加したLARX ENTERTAINMENTが担当する。

原作は、原作をサンドロビッチ・ヤバ子氏、作画をだろめおん氏が担当する格闘バトル漫画。Web漫画サイト「裏サンデー」と、スマートフォン向けアプリ「マンガワン」で連載されており、累計PV数3億5000万、単行本全22巻の累計発行部数は150万部を突破している。雇った闘技者の勝敗によりビジネスを決める、企業同士がぶつかる闇の代理戦争「拳願仕合(ケンガンジアイ)」の激闘を描く物語で、謎の闘技者・十鬼蛇王馬(ときたおうま)と、彼の戦いを目撃してしまったサラリーマン・山下一夫が、日本一の企業と闘技者を決める「拳願絶命トーナメント」にその身を投じていく。

このほど「拳願仕合」の概要を解説し、メインスタッフを紹介するティザープロモーションビデオも公開されている。PV内では、屈強な闘技者たちが激突する様子が描かれている。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ