スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 新春アニメプロデューサー放談 KADOKAWA・田中翔氏×東宝・吉澤隆氏(後編)アニメは人の手と気持ちでつくられている > (2)

インタビュー 2019年1月1日(火)20:30

新春アニメプロデューサー放談 KADOKAWA・田中翔氏×東宝・吉澤隆氏(後編)アニメは人の手と気持ちでつくられている (2)

「からかい上手の高木さん」キービジュアル

「からかい上手の高木さん」キービジュアル

(C) 2018 山本崇一朗・小学館/からかい上手の高木さん製作委員会

イメージを拡大

――2018年で、個人的に気になった作品やトピックがあったら聞かせてください。

田中:東宝さんの「からかい上手の高木さん」が印象に残っています。タイトルが素晴らしいですし、キャラクターもすごく立っていて。

吉澤:ありがとうございます。あのシチュエーションで12本つくりきっているのがすごいですよね。現場がやりたかった企画で、シンエイ動画さんの頑張りがとても大きかったと聞いています。音楽が好きな弊社の齋藤(雅哉)が、エンディングにいろいろ仕込んでいました。

田中:キャラクターも少ないですし、なかなかアニメ化に手を出しにくいタイトルですよね。それが、こんなにユーザーに受け入れられているという意味でも印象に残りました。学生のちょっとした日常と少年少女の淡い機微を描いていて、激しく笑えるものではないですし、かといって少女漫画的に恋愛に特化しているわけでもない。絶妙なさじ加減で、空気感がすごくいいなと思いました。

吉澤:同僚が手がけた作品ですが、僕は「はねバド!」のクオリティに度肝をぬかれました。テレビであれだけのアクションをやっていることがすごいですし、あそこまでやられたら今後はどうなっていくのだろうとも思いました。

――スポーツアニメのハードルが、また一段上がりますよね。

吉澤:動きのすごさやインパクトはだんだんと慣れていくものなので、「はねバド!」を見たお客さんの水準がさらに高くなっていくのではという怖さもありますが、そこは新しい見せ方で乗り越えていくしかないのかなと思います。
 あと、アニメではありませんが、NHKの「チコちゃんに叱られる!」には、3DCGを使った新しいキャラクターの見せ方や演出が感じられました。ああした番組が大きな広がりを見せていくのは明るい材料だなと思います。

田中:去年はじまった「シンカリオン」(※「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」)もよかったですよね。子ども向けのアニメビジネスとして新しいことをすごく頑張ってやっているという印象をもちました。

吉澤:新幹線をご当地キャラにして、知育のような学びもありますし、何よりシナリオがメチャクチャ面白いですよね。脚本陣がベテランぞろいで、昔からオリジナルをつくる訓練をされている方々なので、今ああいう味をだせるのは素晴らしいなと思います。

――「新世紀エヴァンゲリオン」とのコラボ回もあって、親子で共通の話題ができていくのもいいなと思いました。

「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」ポスター

「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」ポスター

(C) プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

イメージを拡大

田中:そうですよね。ああいった手法は我々がやってきたことだったりもするので、それを土曜朝帯のキッズアニメでやるのか! という驚きもありました。

吉澤:初音ミクとコラボした「発音ミク」もでてましたよね(笑)。それだけ広い世代に、アニメへの理解が深まっている証拠なのかなとも思います。

――キッズアニメを見ると、すごくアグレッシブなことをやっているなと感じることがあります。

吉澤:僕はベテランの脚本家さんの力が大きいように思います。各話のエピソードもすごく面白いんですよね。深夜だったら恐れてやらないようなダイナミックなことをやっているなと思うことがあります。

――最後に、今年の展望を聞かせてください。

吉澤:まだタイトルはいえませんが、2019年には劇場2本とテレビアニメ1本を予定しています。僕としては、もうしばらく現場をやりつつ、マネタイズのスキームなど全体の仕組みをつくっていきたい気持ちがあります。仕組みのことはずっとやりたかったことですが、やっぱり現場をやっていないと分からないと思うんですよね。とくにお客さんとの触れ合い方がこれだけ変わってしまうと、なかなか難しくて。いいアイデアを考えるための時間も必要ですし、それを実行するにはかなりのエネルギーが要ります。そんなダッチロールが続く1年になるのかなと思っています。

田中:自分は会社員として、KADOKAWAという会社が今までやらなかったことをやろうと動いてきました。2019年は好き勝手にいろいろと手がけていたこれまでと違い、「KADOKAWAがそれをやるんだ」と思うものを仕込んでいる……と思います。

――これから発表されるものですか。

田中:はい。「その組み合わせもいけるんだ」というものです。といっても、おそらく業界の人にしか分からないような些細なことだったりもするのですが。

――1月には、田中さんのチームの山下(愼平)さんプロデュースの「メイドインアビス」の総集編も公開されますね。

田中:「メイドインアビス」は、いろんな人から言っていただく機会が多いタイトルなんですよね。それだけ皆さんの記憶に残る作品になっていることは本当にうれしい限りです……が、ちょっと嫉妬もしますね(笑)。

吉澤:やっぱり、ああいう作品が“なかった”からなんじゃないですかね。そういう作品はいいなと思いますし、自分もそういうものをつくっていきたいです。

田中:唯一無二の作品をつくっていけるのが、いちばんですよね。会社が潤うことを常に考えながらですけれど(笑)。

吉澤:私が動画工房を出てしまったから「月刊少女野崎くん」では途中までしかご一緒できなかったですし、KADOKAWAさんと一緒にやらせていただく機会もなかなかないので、また一緒に何かできるといいですよね。

田中:東宝×KADOKAWAでオリジナル作品をやりましょうよ。お互いの強みをいかしたらきっと面白いものができると思います。

吉澤:いいですね! ぜひやりましょう。

――おふたりのコラボが実現すること楽しみにしてます。今日はお忙しいなか長時間のお話ありがとうございました。

作品情報

劇場版総集編【前編】メイドインアビス 旅立ちの夜明け

劇場版総集編【前編】メイドインアビス 旅立ちの夜明け Check-in7

隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っている。「アビ...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 「劇場版総集編【前編】メイドインアビス 旅立ちの夜明け」キービジュアル
  • 「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」ポスター
  • 「からかい上手の高木さん」キービジュアル

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。