スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 花江夏樹と坂本千夏が振り返る「デジモンアドベンチャー」の20年 劇場で「Butter-Fly」を聴くのが楽しみ > (2)

インタビュー 2020年2月17日(月)19:00

花江夏樹と坂本千夏が振り返る「デジモンアドベンチャー」の20年 劇場で「Butter-Fly」を聴くのが楽しみ (2)

(C) 本郷あきよし・東映アニメーション

イメージを拡大

――「初代」「02」「tri.」「LAST EVOLUTION 絆」と、長きにわたって続いた、太一とアグモンの物語のなかで、特に印象深いエピソードはありますか。

花江:細田守さんが演出を担当していた第21話「コロモン東京大激突!」が印象深いです。太一がデジタルワールドから現実世界へと戻って戦うお話なのですが、どこかホラーチックな、劇場版に近い雰囲気の異質なエピソードでした。作画クオリティがものすごく高いうえ、デジモンたちが必殺技の名前を叫ばないなど、放送当時は子ども心に「オシャレだな」と思って見ていましたが、大人になって改めて見返しても釘付けになってしまいますね。
 僕が出演した「tri.」で選ぶのなら、第3章「告白」です。感染してしまったパタモンが、とても健気なんです。また、関西弁でしゃべるテントモンは、どうしても面白キャラに見えてしまうのですが、この章では光子郎との絆がひしひしと感じられました。

坂本:私は「初代」の第33話「パンプとゴツは渋谷系デジモン」が大好きです。当時「こんなにいいヤツらなのに!」って、泣きながらオンエアを見ていました。

――シリーズを通して、特にお気に入りのデジモンはいますか。

花江:僕はエテモンですね。敵だけど、とてもオチャメなので、見ていて楽しいです。

坂本:たくさんデジモンがいるのに、不思議と一緒ですね(笑)。私もエテモンが大好きで、演じてみたくて仕方がないんです。一時期、うちでエテモンごっこが流行っていたこともあったんですよ。昨年11月に「デジモン20周年記念オフィシャルツアー ~ぼくらのサマーキャンプ~」が開催されたさいには、その場に“エテウーモン”という新デジモンとして参加させてくださいとお願いしたくらいです。「それはちょっと……」と、すげなく断られてしまいましたが。ずっと言い続けていることなのですが、いつも東映アニメーションの方が目を合わせてくれないんです(笑)。

――今作では、「初代」と同様、16年に亡くなられた和田光司さんの名曲「Butter-Fly」がオープニングを飾っています。20年前から出演されている坂本さんはもちろん、当時はいちファンだった花江さんにも特別な思いがあったのではないでしょうか。

花江:「デジモン」といえばこの曲! ですよね。しかも今回は、アレンジなどではなく、「初代」のオリジナル音源が使われているということで感慨もひとしおでしたが、同時に「最終兵器だな」と思いました。それだけ、この作品に、たくさんの人の思いがかかっていることを、あらためて実感させられましたね。僕自身も、劇場で「Butter-Fly」が聴けるのを楽しみにしています。

坂本:私は、20年前に和田さんや、トコさん(藤田淑子さん)が生で歌っていたのを聴いていました。当時からすばらしい曲だとは思っていたのですが、ファンのみなさんがここまで愛着を持ってくださっていると知ったのは、ずいぶん後になってなんです。「tri.」まで、かなり長い間「デジモンアドベンチャー」としては展開がなかったにもかかわらず、ずっとカラオケでみなさんが歌ってくれていると聞いて、「木村カエラさんのじゃなくて?」とビックリしたくらいなんですよ。歌声も曲も作品はいつまでも残るんだなって……とてもうれしく思っています。

――制作途中の映像を拝見させていただきましたが、今作は太一たちが“大人になることを選ぶ”物語だと感じました。お2人は、自分が大人になってよかったと思うことはありますか。

花江:お金を自由に使えるので、大人になってよかったです(笑)。

坂本:大人買いをいっぱいしているんですねえ(笑)。

花江:学生の頃のおこづかいは、1000円とかだったので……。いいことだらけです。

坂本:私にとって「大人になんてなりたくないよ」というのは、永遠のテーマです。でも、お酒を飲むときなど、大人になってよかったと思う瞬間はあります。男の子なら、お姉ちゃんのいるお店にも行けたのにな、って思うくらいです(笑)。
 私は、ずっと「大人になるのは嫌だなあ」って思ってきましたが、こうして、20年経っても、また「デジモン」をやれるというのは、とても幸せなことです。「大人なのに?」「大人だから?」と自問自答しながらですけれど、当時のままでは進化も成長もなかったのだし……そんなことを考えながら過ごしてきた時間を、作品を通じてみなさんにお見せできるのは、よかったなと思えます。
 近頃は、子どものときに「デジモン」を見ていた人が、今はスタッフとして作品を支えてくれている、なんていうお話も聞きます。ずっと「デジモン」を好きでいてくれた人たちと、一緒に仕事ができるなんて、こんなに幸せなことはありません。2歳と10歳が一緒に遊ぶのは難しくても、30歳と60歳はけっこう一緒に遊べちゃうんです。これって大人の特権ですよね(笑)。

(C) 本郷あきよし・東映アニメーション

イメージを拡大

――今作をご覧になるファンのみなさんに、メッセージをいただけますでしょうか。

花江:「初代」から「tri.」まで、積み重ねてきたものがギュギュッと詰め込まれているので、ファンだからこそピンとくるようなシーンがたくさんあると思います。本作の製作が発表されたさいには、「久しぶりにまた見てみようかな」という声も聞こえてきました。本当はシリーズを通して見てから劇場に足を運んでいただくと、より感慨深い体験ができると思いますが、さすがに膨大な話数なので無理は言いません。ですから、逆に本作をきっかけとして、もう一度「デジモン」にハマっていただけると、とてもうれしいですね。そうしたくなるだけの内容に仕上がっていると思いますので。

坂本:私は「LAST EVOLUTION 絆」を見ていて、昔のことをハッと思い出させるような瞬間がありました。そのドキドキを、「初代」から「デジモンアドベンチャー」を好きでいてくださるみなさんと共有したいです。今回は、アグモンがいつになく働いていて、アクション的な見せ場も多いので、ほかのデジモン推しの方に対して「ごめんねー」というところはあります。ファンの方々も、「もっと演じたかった」というキャストのみんなも、これまでの総決算ということで、ぜひ大目に見てくださるとありがたいです(笑)。

アニメハック公式Twitter、フォロー&RTプレゼントキャンペーン
<賞品>
花江夏樹さん&坂本千夏さんサイン色紙、1名様
<応募期間>
2月17日~3月15日23:59
<応募方法>
1.アニメハック公式Twitterをフォロー。
2.公式Twitterがツイートした、プレゼント告知のツイートをRT(リツイート)。キャンペーン終了までフォローを外さないようご注意ください。
対象ツイートはこちら⇒https://twitter.com/animehackcom/status/1229346021236518912
3.当選された方には、キャンペーン終了後、公式twitterアカウントからDM(ダイレクトメッセージ)をお送りします。

1 2 次のページへ

作品情報

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 Check-in4

太一とアグモンたちが出会い、デジタルワールドを冒険した夏から10年以上が経過した2010年。世界中の“選ばれし子どもたち”は次第にその存在を認知され、現実世界にデジモンがいる風景も珍しくなくなっ...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。