ホーム > 2006年春アニメ > 妖怪人間ベム HUMANOID MONSTER BEM

妖怪人間ベム HUMANOID MONSTER BEM

2018年2月7日更新

妖怪人間ベム HUMANOID MONSTER BEM Check-in0

放送時期2006年春アニメ

制作会社
  • スタジオコメット
スタッフ情報
  • 【原作】アサツー ディ・ケイ
  • 【監督】原田浩
  • 【シリーズ構成】武上純希
  • 【音楽】五木田岳彦
  • 【キャラクターデザイン】渋谷一彦
  • 【妖怪デザイン原案】荻原直樹
  • 【総作画監督】山崎猛
  • 【美術監督】天水勝、西倉力
  • 【色彩設定】酒井美晴
  • 【撮影監督】藤田智史
  • 【編集】中葉由美子、村井秀明
  • 【音響監督】藤山房伸
  • 【音響演出】蝦名恭範
  • 【音響効果】倉橋静男
妖怪人間ベム HUMANOID MONSTER BEM
あらすじ
それは、いつ生まれたのか誰も知らない。暗い、音のない世界で、1つの細胞が分かれて、3つの生き物が生まれた。彼らはもちろん人間ではない。また、動物でもない。だが、その醜い肉体の中には、“正義の心”が隠されているのだ。その生き物とは…。それは妖怪人間である。長い流浪の末、ベム、ベラ、ベロの妖怪人間たちは、東洋の東の端にある巨大な港湾都市にやってきた。この街には、さまざまな隠された歴史や文化があるが、政府指定開発都市にも選定され、自然破壊が進められている。また国際貿易都市の性格上、混沌とした様相を呈している。妖怪人間たちは、街全体が巨大な妖気に包まれていると感じ、この地にとどまることを決意する。そして、人間たちを守るため、襲い来る魔の妖怪たちに全力で立ち向かう。時には妖怪より醜い人間の心を目の当たりにすることもある。助けたはずの人間から、醜い妖怪と罵られ、虐げられることもある。しかし彼らは今日も、魔の妖怪たちと戦う。正義をなせば、人間になれる日が来るということを信じて-。
キャスト
  • 海堂陸:内藤玲
  • 海堂海:如月涼子
  • 渕崎ゆり子:三上雄三
  • 村治学:田無幻狼斎
  • 野島裕史:ナレーション
  • 鈴木瑞穂:

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

(C) 2006ADK/妖怪人間ベムProject

作品データ提供:あにぽた

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ