ホーム > 2013年春アニメ > 宇宙戦艦ヤマト2199

宇宙戦艦ヤマト2199 Check-in6

2019年8月5日更新

宇宙戦艦ヤマト2199 Check-in6

放送時期2013年春アニメ

制作会社
  • AIC、ジーベック
スタッフ情報
  • 【原作】西崎義展
  • 【総監督】出渕裕
  • 【キャラクターデザイン】結城信輝
  • 【音楽】宮川彬良
  • 【ゲストキャラクター・プロップデザイン】山岡信一
  • 【チーフディレクター】榎本明広
  • 【チーフメカニカルディレクター】西井正典
  • 【CGディレクター】今西隆志
  • 【メカニカルデザイン】玉盛順一朗/石津泰志/山根公利/出渕裕
  • 【セットデザイン】高倉武史/小林誠/渡部隆
  • 【撮影監督】青木隆
  • 【色彩設計】鈴城るみ子
  • 【美術監督】前田実
  • 【音響監督】吉田知弘
  • 【音響効果】西村睦弘
宇宙戦艦ヤマト2199
あらすじ
時に西暦2199年。人類は滅亡の渕に立たされていた。外宇宙から襲来した謎の星間国家<ガミラス>によって、遊星爆弾の無差別攻撃を受けていたのだ。人類は地下都市を築き抵抗を続けたが、遊星爆弾の死の影はその地下都市にも迫っていた。科学者によると、人類が滅亡するまでの猶予はおよそ一年……。
国連宇宙軍の若き士官「古代進」と「島大介」は、火星に不時着した宇宙船から謎のカプセルを回収し地球へと帰還する。地球に帰還した古代と島を待っていたのは、人類最後の希望を託すべく進められていた「ヤマト計画」であった。それは、大マゼラン銀河の彼方にある未知の星イスカンダルから技術供与を受け、人類初の恒星間航行を可能とする宇宙戦艦を建造し、ガミラスの攻撃によって汚染された地球を浄化再生させるシステムを受け取りに行くという計画だった。
その人類最後の希望を託すべき艦(フネ)の名は「ヤマト」。
しかし、人類に残された猶予はあと一年しかない。
ヤマトは果たして人類を救うことができるのか。
音楽
  • 【OP】【劇場版】ささきいさお「宇宙戦艦ヤマト」、【TV放送版】Project Yamato 2199「宇宙戦艦ヤマト」、UVERworld 「Fight For Liberty」
    【ED】【劇場版】結城アイラ「星が永遠(とわ)に照らしている」、美郷あき「美しい地球(ほし)を知る者よ」、KOKIA「記憶の光」、【TV版】中島美嘉「愛詞(あいことば)」、JUJU「Distance」
キャスト

イベント情報・チケット情報

詳しくはこちら

(C) 2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

関連記事

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ