スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 妖精帝國の終身独裁官ゆいが語るアニメソングへの思い 「現実ではおこり得ない世界と現実とを曲でつないでいく」

2017年6月16日 20:30

妖精帝國の終身独裁官ゆいが語るアニメソングへの思い 「現実ではおこり得ない世界と現実とを曲でつないでいく」

イメージを拡大

結成20周年を迎え、19枚目のシングル「flamma idola」をリリースした妖精帝國。6月17日には、東京・赤坂BLITZでのツアーファイナルを控えている。ボーカル・作詞を務める終身独裁官のゆいに、楽曲作りのエピソードやアニメソングへの思いを聞いた。

――「flamma idola」は、どのような経緯でリリースされることになったのでしょうか。

ゆい:複雑な話があったわけではなく、まずはライブをやりたいという思いがあり、そのためにCDを出そうとなったのだ。アルバムも20周年なので出すつもりではいるのだが、まずはシングルを作ろうと思ってな。

――今回のシングルは、海外も意識されているそうですね。

ゆい:有難いことに、ここ数年、海外のイベントで歌う機会が増えてきている。海外の人が聴いても楽しくて格好いいと思えるのはどんな曲だろうかということを念頭において作ったことは確かだ。

――シングル収録の3曲は、すべて違うメンバーの方が作曲されています。それぞれの持ち味を生かして曲作りをしようという考えがあったのでしょうか。

ゆい:我々の曲の作り方は、例えば「今回は、橘(尭葉)が作れ」「Nanamiが作れ」という風に、ひとりひとりに振っているわけではないのだ。とにかく皆で曲を持ちよって、その中からどの曲がCDに入れるのにふさわしいかを話し合う。そして、持ち寄った中にCDに入れるべき曲はないと決定されたら、また作る。それを何回も何回も繰り返して、場合によっては、この曲のこの部分だけを採用しよう、この部分は作り変えようといったやり取りがあって1曲が完成するのだ。

――作っては壊しの繰り返しで、1曲ができていくのですね。

ゆい:そうだな。そうやって完成したものだけがCDに入るといった感じだ。

――歌詞と楽曲が一体となった世界観が、妖精帝國の魅力のひとつだと思います。歌詞はどのタイミングで考えられているのでしょうか。

ゆい:曲ができてからだな。次のCDではこんなことを書きたいと始めから決めているパターンもあるが、いざ曲ができてみるとイメージが変わることもある。基本的には、できあがった曲のイメージを暗闇の中でふくらませながら書いていく感じだ。

イベント情報・チケット情報

妖精帝國第九回公式式典ツアー 「flamma idola Tour」【東京】 Check-in0
開催日
2017年6月17日(土)
時間
17:00開始
場所
赤坂BLITZ(東京都)
出演
妖精帝國

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ