スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「頭文字D」最新作に“ハチロク”つながりで、お笑い芸人8.6秒バズーカーが参加!

ニュース 2015年4月10日(金)12:57

「頭文字D」最新作に“ハチロク”つながりで、お笑い芸人8.6秒バズーカーが参加!

「新劇場版『頭文字D』Legend2-闘走-」場面カット(上) 8.6秒バズーカー

「新劇場版『頭文字D』Legend2-闘走-」場面カット(上) 8.6秒バズーカー

(C)しげの秀一/講談社・2015新劇場版「頭文字D」L2製作委員会

イメージを拡大

全国劇場で5月23日に封切られる「頭文字D」シリーズ最新作「新劇場版『頭文字D Legend2-闘走-』」に、“ラッスンゴレライ”でおなじみのお笑い芸人の8.6秒バズーカーが声優として出演する。コンビ名の“8.6秒”と、主人公・藤原拓海が乗る愛車AE86・通称“ハチロク”にちなんでの起用だ。

声優初挑戦となる8.6秒バズーカーは、“秋名のハチロク”の異名をとる拓海と、走り屋チーム・妙義ナイトキッズのリーダー・中里毅のカーバトルを見守るギャラリーのお兄さん役を担当。起用に際し、8.6秒バズーカーは「僕の走りも校内最速だったので、公道最速を競うこの作品に関われて光栄。拓海の車の愛称が“ハチロク“という部分にも親近感があるので、一生懸命演じたい」と意欲的なコメントを寄せた。

本作は、しげの秀一の漫画「頭文字D」(講談社刊)を、新たにアニメ映画化した3部作の第2弾。峠道をサーキットに、最速を目指す若き走り屋たちの青春を描く。

作品情報

新劇場版「頭文字D Legend2-闘走-」

新劇場版「頭文字D Legend2-闘走-」 1

「秋名のハチロク」の名は、赤城レッドサンズの高橋啓介を下した謎のダウンヒルスペシャリストとして、瞬く間に走り屋たちに知れ渡り、腕に自信のある走り屋たちが続々と秋名に集う。そしてある夜、秋名の峠を...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組