スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「屍者の帝国」が封切り翌日に舞台挨拶を開催 「Project Itoh」3作品の主題歌アーティストはEGOISTに決定

ニュース 2015年9月22日(火)12:00

「屍者の帝国」が封切り翌日に舞台挨拶を開催 「Project Itoh」3作品の主題歌アーティストはEGOISTに決定

「屍者の帝国」場面カット

「屍者の帝国」場面カット

(C)Project Itoh & Toh Enjoe / THE EMPIRE OF CORPSES

イメージを拡大

ノイタミナムービー第2弾「Project Itoh」のひとつとして上映予定の「屍者の帝国」が、封切り日の翌日となる10月3日に、首都圏全3館で舞台挨拶を行う。

同作は、2009年に死去した小説家・伊藤計劃が遺した30ページの原稿を、芥川賞作家・円城塔が引き継いで完成させた小説が原作。「死者蘇生技術」が発達し、蘇った「屍者」を労働力として活用する19世紀末を舞台に、ヴィクター・フランケンシュタインが遺した、最初の屍者「ザ・ワン」を生み出すための技術が記された手記を追う、医学生ジョン・H・ワトソンの、世界を股にかけた壮大な旅を描く。

TOHOシネマズ川崎では9時45分の、TOHOシネマズ新宿では12時05分の上映終了後に、ハダリー・リリス役の花澤香菜、フレデリック・バーナビー役の楠大典、ニコライ・クラソートキン役の山下大輝らキャスト陣のほか、監督の牧原亮太郎が登壇。TOHOシネマズ日本橋では17時の上映前に、花澤を除いた3名がトークショーを行う。チケットはVitオンラインで発売中。価格は2000円。

なお、同作の主人公であるジョン・H・ワトソンを演じる細谷佳正からのコメントも届いた。細谷は、自身が演じるワトソンを「亡くなった親友の魂と人格を取り戻すために『ヴィクターの手記』を探す旅に出るが、自分の成そうとしていることに対して葛藤を抱いて進むキャラクター」と評し、「今回はプレアフレコから参加し、本番にはプレアフレコよりも良いものを、と気合を入れて臨んだ。ひとつの作品にたくさんの時間をかけられたので、その分良いものになっていると思う」と作品に太鼓判を押した。

また「屍者の帝国」に加え「Project Itoh」として制作される「虐殺器官」「ハーモニー」の3作品の主題歌を、「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」でエンディング主題歌を歌ったEGOISTが担当することも発表された。主題歌タイトルは「屍者の帝国」が「Door」、「虐殺器官」が「リローデッド」、「ハーモニー」が「Ghost of smile」。起用に際し、EGOISTのボーカル・chellyは「作品の空気感を壊さないよう慎重に、でもEGOISTらしい表現を目指しました」とし、「それぞれ違うタイプの曲だが、どの曲にもメロディや歌詞に強いメッセージが込められている。伝えたいものや、訴えたいものを捉え、それを踏まえて表現することを意識しました」と話している。

イベント情報・チケット情報

「屍者の帝国 」舞台挨拶【新宿】 Check-in0
開催日
2015年10月3日(土)
時間
12:05開始
場所
TOHOシネマズ新宿(東京都)
出演
花澤香菜, 楠大典, 山下大輝, …

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。