スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「機動戦士ガンダム0083」Blu-ray BOXにキャスト陣の新規オーディオコメンタリーが収録

ニュース 2015年10月29日(木)17:40

「機動戦士ガンダム0083」Blu-ray BOXにキャスト陣の新規オーディオコメンタリーが収録

「機動戦士ガンダム0083」キービジュアル

「機動戦士ガンダム0083」キービジュアル

(C)創通・サンライズ

イメージを拡大

「機動戦士ガンダム」のOVAシリーズとしてリリースされ、今なお根強い人気を誇る「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」のBlu-ray BOXに、主演キャスト陣による新規オーディオコメンタリーが収録されることが決定した。

第5話には、コウ・ウラキ役の堀川りょう、アナベル・ガトー役の大塚明夫、シーマ・ガラハウ役の真柴摩利が出演。第8話には堀川、真柴、サウス・バニング役の菅原正志、第12話には堀川、大塚に加え、ニナ・パープルトン役の佐久間レイが参加する。

収納BOXの描き下ろしイラストを、本作のほか歴代「ガンダム」シリーズにメカニカルデザインとして参加しているカトキハジメが担当することも発表された。インナージャケットは、本作でキャラクターデザインを務めた川元利浩、メカニカルデザインを担当した明貴美加、「月刊ガンダムエース」(KADOKAWA刊)で本作の漫画版「機動戦士ガンダム0083 REBELLION」を連載中の夏元雅人による描き下ろしとなる。

「機動戦士ガンダム0083 Blu-ray Box」は、2016年1月29日発売予定で、価格は2万5000円(税抜き)。公式サイトでは、監督を務めた今西隆志が25年前の制作当時を振り返りながら、キャラクターやメカの魅力などを語るスペシャルPVを公開中。

同作は、「機動戦士ガンダム」の3年後にあたる宇宙世紀0083年の世界を描いたロボットアニメ。新型ガンダムを開発した地球連邦軍と、ジオン公国軍残党デラーズ・フリートの「星の屑作戦」にまつわる激闘を、主人公コウ・ウラキと宿敵アナベル・ガトーの因縁を通じて描く。

フォトギャラリー

  • 「機動戦士ガンダム0083」キービジュアル
  • 場面カット

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。