スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 福島ガイナックスが震災復興応援アニメ「想いのかけら」を制作 監督、キャストも福島・宮城出身

ニュース 2015年11月28日(土)15:00

福島ガイナックスが震災復興応援アニメ「想いのかけら」を制作 監督、キャストも福島・宮城出身

「想いのかけら」場面カット

「想いのかけら」場面カット

(C)NHK・NEP

イメージを拡大

NHK仙台放送局が展開する復興応援キャンペーン「大好き♡東北」が、「つくろう!子どもの未来」の取り組みとして、2分間の短編アニメーション「想いのかけら」を制作した。

「想いのかけら」は、仮設住宅で父親と二人暮らしをする中学生の少女・佐藤陽菜が、周囲の人々や母の思い出に支えられながらフィギュアスケートの練習に励む姿を、東北の美しい風景とともに描いている。

アニメーション制作は、被災地の復興への貢献を目的とし、4月に福島県三春町に設立されたアニメ制作会社「福島ガイナックス」が担当。同社代表取締役で、福島市出身の浅尾芳宣が監督を務めた。出演者も被災地域の出身者で固められており、佐藤陽菜役の安野希世乃(「うしおととら」)、陽菜の母役の荒川美穂(「ユリ熊嵐」)は、ともに宮城県が故郷だ。

浅尾監督は「まもなく震災から5年。震災でたくさんの方が犠牲になった事実を受け止めながら、その人たちのためにも前に進もうという『想い』をアニメで表現しようと思いました」と作品に込めた思いについて話している。

同作は、11月27~29日開催のフィギュアスケート NHK杯にあわせ、11月27日にテレビ放送された。12月5日午後5時58分からはNHK総合、12月6日午後11時45分からはBS1で再放送予定。本編映像は公式サイトでも視聴可能。公式サイトではそのほか、浅尾監督へのインタビューやメイキング映像も公開予定。

フォトギャラリー

  • 「想いのかけら」場面カット
  • 「想いのかけら」場面カット
  • 「想いのかけら」場面カット

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。