スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「D.Gray-man」原作者が制作に参加し、2度目のアニメ化 主演は村瀬歩に決定

ニュース 2015年12月28日(月)21:00

「D.Gray-man」原作者が制作に参加し、2度目のアニメ化 主演は村瀬歩に決定

「D.Gray-man」メインビジュアル

「D.Gray-man」メインビジュアル

(C)星野桂/集英社・D.Gray-man製作委員会

イメージを拡大

集英社から刊行されている季刊誌「ジャンプSQ.CROWN」で連載中の星野桂氏による漫画「D.Gray-man」が、2016年に2度目のテレビアニメ化を果たすことがわかった。

「D.Gray-man」は、仮想19世紀末のヨーロッパを舞台に、恐怖と悲劇を生み続けることで進化していくAKUMA(アクマ)を生み出し、世界の終焉(しゅうえん)をもくろむノアの一族と、AKUMAを破壊できる唯一の存在・黒の教団が率いるエクソシストとの戦いを描く。

同作は06年にテレビアニメ化されている。2度目となる今作では、原作者の星野氏も制作に携わることが決定した。公式サイトには、12月19、20日に開催された「ジャンプフェスタ2016」で発表された星野氏の「やるからには前作よりさらに良いものをという心意気で、今回は私も微力ながら制作に関わらせていただく」というメッセージが掲載されている。

メインキャストの一部も発表。主人公のアレン・ウォーカー役を「ハイキュー!!」「屍者の帝国」の村瀬歩が演じる。アレンの監視役であるハワード・リンク役には「DD北斗の拳2 イチゴ味+」「神様はじめました◎」の立花慎之介が配役されている。公式サイトでは、メインビジュアルや第1弾プロモーションビデオが公開中。

作品情報

D.Gray-man HALLOW

D.Gray-man HALLOW Check-in23

時は仮想19世紀末。悲劇を嘆く弱い心によって呼び出された魂を、魔導式ボディに閉じ込めることで作られるAKUMA は、殺戮を繰り返すだけの殺人兵器となり、さらなる恐怖と悲劇を生み続けることで進化し...

2016夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。