スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 【映画興行ランキング】「妖怪ウォッチ」が2位キープ、「傷物語I 鉄血篇」6位後退も5億円目前

ニュース 2016年1月19日(火)15:00

【映画興行ランキング】「妖怪ウォッチ」が2位キープ、「傷物語I 鉄血篇」6位後退も5億円目前

(C) LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

イメージを拡大

1月16~17日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」は3週連続で2位をキープ。週末2日間で動員13万7368人、興収1億5968万8300円を記録し、累計興収は50億円を突破した。

前週全国108スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員13万1973人、興収1億7705万8000円を記録し、初登場3位の好スタートを切った「傷物語I 鉄血篇」は、2週目で6位に後退。週末2日間の成績は、動員7万0036人、興収9431万0500円で、累計興収5億円突破が目前となっている。

年明けから首位を奪取した「スター・ウォーズ フォースの覚醒」は、3週連続で首位を堅守。週末2日間で動員23万6219人、興収3億8726万5900円をあげ、累計興収は90億円を突破した。1月中の100億円超えは確実となっている。

新作では、全世界で興収300億円超えの大ヒットを記録した感動作「パディントン」が、初登場3位スタート。5位には、「WATARIDORI」「オーシャンズ」に続くネイチャードキュメンタリー「シーズンズ 2万年の地球旅行」がランクイン。ロン・ハワード監督がノンフィクション小説をもとに映画化した超大作「白鯨との闘い」は、初登場7位となった。なお、「orange オレンジ」が引き続き4位をキープする腰の強い興行を展開しており、累計興収は28億円を突破した。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。