スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「彼女と彼女の猫」花澤香菜、新海誠作品の魅力は「優しさがフィルムににじみ出ている」

ニュース 2016年2月3日(水)16:30

「彼女と彼女の猫」花澤香菜、新海誠作品の魅力は「優しさがフィルムににじみ出ている」

アフレコ収録に臨んだ花澤香菜、 浅沼晋太郎、矢作紗友里、平松晶子

アフレコ収録に臨んだ花澤香菜、 浅沼晋太郎、矢作紗友里、平松晶子

イメージを拡大

「秒速5センチメートル」の新海誠監督が1999年に自主製作した短編作品を再アニメ化した「彼女と彼女の猫 Everything Flows」の声優キャストの花澤香菜、浅沼晋太郎、矢作紗友里、平松晶子が2月3日、都内のスタジオでアフレコ収録に臨んだ。

本作は、短大の卒業式を控え、就職活動をするなかで将来に不安を抱き始める“彼女”と、その飼い猫の“僕”の生活を描く。

新海監督作「言の葉の庭」でヒロイン・雪野百香里を演じた花澤は、同作に参加した当時を「新海監督はじっくりと時間と愛情をかけて作品作りをされる方でした」と振り返る。その姿勢はアフレコにおいても顕著に見られたそうで、「何度も打ち合わせをしてから、アフレコをやった。普段はやらない形なのでとても印象に残っています」と明かした。さらに新海作品の魅力を問われると、「新海監督は誰からも好かれる優しい方。その優しさがフィルムににじみ出ている」とほほ笑んだ。

一方、オリジナル版と本作の違いを問われた猫役の浅沼は、「いい意味で新海イズムを薄くした作品」と述べ、「『秒速5センチメートル』など新海監督の作品からは温度を感じる。本作は、新海監督版で描かれたあたたかさだけじゃなく、別の感覚を教えてくれる作品になっています」と解説。これを受け、花澤も「猫との出会い含め、より分かりやすいものになっています。いろんなドラマが盛り込まれているので、どこに共感してくれるか楽しみです」と期待を寄せた。

浅沼は自身が演じた猫と同じ全身黒の服装で撮影に臨むなど、気合い十分の様子だったが「猫との思い出は?」と質問されると、「犬派なんですけど…」と申し訳なさそうに告白。さらに矢作と平松も「正直いうと、ポメラニアンがほしいです」(矢作)、「猫アレルギーなので犬派です」(平松)と白状。「最後は大丈夫だろう…」と3人から期待された花澤も、「犬猫アレルギーです。猫を飼ったことがないので飼ってた犬への思いを胸に演じました」と苦笑いしていた。

「彼女と彼女の猫 Everything Flows」は、30分枠でショートアニメ3作品を放送する「ウルトラスーパーアニメタイム」の1作品として、TOKYO MXで3月4日から毎週金曜午後11時、BS11で3月6日から毎週日曜深夜1時放送。

映画のことなら映画.com

作品情報

彼女と彼女の猫 -Everything Flows-

彼女と彼女の猫 -Everything Flows- Check-in14

ある夏の一番暑い日、彼女と、彼女の飼い猫である“僕”の暮らしが始まった。
彼女は、通っている短大の卒業を控え、就職活動に追われる毎日を送っている。いつも頑張っている彼女にとって、“僕”と過ごす時...

2016冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。