スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ふらいんぐうぃっち」で初主演の篠田みなみ「真琴と成長していきたい」と気合十分

インタビュー 2016年2月17日(水)06:00

「ふらいんぐうぃっち」で初主演の篠田みなみ「真琴と成長していきたい」と気合十分

左より 鈴木絵理(倉本千夏役)、篠田みなみ(木幡真琴役)、菅原慎介(倉本圭役)

左より 鈴木絵理(倉本千夏役)、篠田みなみ(木幡真琴役)、菅原慎介(倉本圭役)

イメージを拡大

日本テレビ、青森放送ほかで、4月から放送を開始するテレビアニメ「ふらいんぐうぃっち」のアフレコ会見がこのほど、都内で行われ、第1話のアフレコを終えた真琴役の篠田みなみほか、鈴木絵理、菅原慎介が出席した。

同作は、「別冊少年マガジン」(講談社刊)で連載中の石塚千尋氏による漫画が原作。「15歳になったら1人立ちし、社会に出る」というしきたりにより、猫のチトを連れ青森の親戚の家に引っ越してきた15歳の魔女・木幡真琴の周辺で起こる、ちょっと不思議なできごとや、穏やかな日常生活を描く。

原作を読んだ感想を聞かれたキャスト陣は、「独特な間とテンポがある作品」(篠田)、「日常味にあふれた世界観とファンタジーな要素が不思議」(鈴木)、「女性陣も可愛く、キャラクターが濃い」(菅原)と、それぞれが抱く印象をコメント。自身が演じる真琴を「驚くほどマイペースで、周りを巻き込んでしまうこともありますが、憎めない」と紹介した篠田は、今作が初主演。「現場のみなさまが暖かくて、心を落ち着けて収録することができました」と初々しさをのぞかせた。

先行場面カット

先行場面カット

(C)石塚千尋・講談社/「ふらいんぐうぃっち」製作委員会

イメージを拡大

また、第1話にはアドリブシーンが盛り込まれていることも明らかになった。元気な小学生・千夏を演じる鈴木は、あらかじめアドリブの内容を考えて収録に臨んだが、「千夏は子どもなのでシンプルな言葉で」という指示を受け、「純粋な子どもを追求すると、言葉ではなく気持ちを第一にしていかなければと思いました」と役作りに対する考えを改めたという。

千夏の兄・圭を演じた菅原は「僕自身ははっちゃけたりするタイプだが、圭はマイペースで何でもできるキャラクター。しっかりしなくてはと決意を改めて臨んだ」と収録を振り返る。また、菅原が岩手県出身の両親に、圭の青森弁のセリフを聞かせたところ(イントネーションなどから)「岩手の血が流れている」と言われたというエピソードも。

最後に、菅原は「圭の魅力を存分に伝えたい」、鈴木が「アドリブがある役なので、弾けたいです。何より青森を盛り上げられる作品になればと思います」と意気込み、篠田が「真琴役としていっしょに成長していきたい」と気合十分のメッセージを残した。

「ふらいんぐうぃっち」は4月9日から日本テレビ、4月15日から青森放送で放送開始予定。

作品情報

ふらいんぐうぃっち

ふらいんぐうぃっち 46

木幡真琴15歳―。一人前の魔女めざします。
魔女―。自然が多く、資源が豊富な東北地方に住むことが多い彼女達には、「15歳になったら一人立ちし、社会に出る。」そんなしきたりがあるのだとか…。
木幡...

2016春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 左より 鈴木絵理(倉本千夏役)、篠田みなみ(木幡真琴役)、菅原慎介(倉本圭役)
  • 先行場面カット
  • 先行場面カット
  • 先行場面カット
  • 先行場面カット
  • 先行場面カット
  • 先行場面カット

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。