スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「怪盗ジョーカー」原作者が誕生秘話「相撲漫画になるかもしれなかった」

イベント 2016年4月3日(日)11:00

「怪盗ジョーカー」原作者が誕生秘話「相撲漫画になるかもしれなかった」

(C)たかはしひでやす・小学館/怪盗ジョーカープロジェクト

イメージを拡大

たかはしひでやす氏による冒険活劇漫画「怪盗ジョーカー」のテレビアニメがシーズン3に突入することを記念し、東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で4月2日、シーズン3の先行上映祭が行われた。

同作は、奇跡使い(ミラクルメーカー)の異名をもつ怪盗ジョーカーが、トリックを駆使しながら、相棒のハチとともに警察や探偵、強盗団らの妨害をくぐり抜け、全世界の宝を手に入れるべく活躍する姿を描く。原作は「月刊コロコロコミック」(小学館刊)で連載中で、最新コミックス第22巻は4月28日、小学館ジュニア文庫から刊行中のノベライズ第4巻も5月27日に発売される。

ステージには原作者のたかはし氏のほか、ジョーカー役の村瀬歩、ジョーカーのライバル・スペードを演じる下野紘、シーズン3から登場する新キャラクター・フェニックスを担当する松岡禎丞、監督の寺本幸代、シリーズ構成と脚本を務める佐藤大が登壇。上映前のトークでたかはし氏は、連載開始前は怪盗漫画にするか、相撲漫画にするか悩んだという秘話や、相撲漫画のために「どすこいハリケーン」といった必殺技も考えていたというエピソードが明かされた。

シーズン3の第1話にあたる第27話「輝く夜に堕ちてきた星」の上映後、再びトークを展開。事前に公式Twitterで募集した質問に答える「輝く! 質問タイム」や、入場時の半券を使った「お宝争奪! ミラクル大抽選会」で盛り上がった。サプライズゲストとしてシーズン3のエンディング主題歌「輝く夜へようこそ!」を歌う女性シンガーのFuki Communeも登場し、これまでの原作エピソードすべてを熟読して歌詞を書き上げたという同楽曲を披露した。

最後は、下野が「原作ではここまでスペードは登場しないので、アニメ版では出番が多くて嬉しい。今シーズンではニセジョーカー一味をはじめ、濃いキャラクターが大勢登場するので負けないようがんばりたい」と意気込むと、村瀬も「ニセジョーカー一味は本当にキャストが豪華」とうなずいていた。ニセジョーカー一味を演じるキャストは後日発表予定だが、村瀬や下野らの「この人に演じてほしい」という要望が、そのままキャスティングに反映されているのだという。

「怪盗ジョーカー」シーズン3は4月4日からTOKYO MX、9日からBS11、17日からキッズステーションで放送開始。

作品情報

怪盗ジョーカー シーズン3

怪盗ジョーカー シーズン3 Check-in3

「輝く夜へようこそ!」 怪盗ジョーカー! ただ盗むだけじゃない! 大胆不敵!神出鬼没!華麗に奇跡を起こす《ミラクルメイカー》! 相棒のハチとともにお宝をもとめて全世界へ! さあ、ショーが開幕だ!...

2016春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。